無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

足湯、。


着いたのは熱海。









足湯に美味しそうな食べ物もある。











人は多いけど予想より少ない。









『うぁーすごいね蓮』









蓮の方を見るとニコッと笑って







目黒「そうだね。なんかいいなこの感じ」










『何?昔来た時はグループだったよ』











目黒「でも抜け出して2人で足湯行ったよね」









『行ったね。まだあるのかな』









蓮は私の手を握った。









目黒「最初の目的地はそこにしよ」









『/////いいよ』








目黒「じゃあ走るよ」









手を繋いだまま走り出した。









蓮の方が足が速い。でも合わせてくれてる












後ろからみる蓮がかっこよくて、懐かしい。













蓮が急に止まった。









目黒「あったよ。ここだよね」










『うん』









目黒「入ろっか」








そこは本格的な和菓子を食べながら足湯に入れる場所











メニューを注文してから足湯に浸かる。











隣に座った。










『ねぇ蓮。手/////』








目黒「ごめん。/////」











私も蓮も耳を真っ赤くさせた。