無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

公園

ある日の仕事帰り。








私は特になにもないけどブラブラ寄り道して帰っていた。、










もう時間も遅いし、帰った方がいいって思うけど










ただ歩きたいって気持ちに負けた。













そんな時公園が目に入る。








ブランコや滑り台などいつもは子供たちで溢れている所も










今は誰一人いない。









あかりはひとつだけ。









『ここの公園懐かしいなぁ』










そうここって蓮と帰りによく行ってたところなんだ。










ブランコに乗って少しはしらせる。











フラフラ風がぬけていく。









ひんやりとした風が自分にあたる。










『昔はよく来たっけな。懐かしい~』










となりを見ても誰もいなくて、蓮がいないっていう寂しさ











『誰か来ないかな~って来るわけないか』









その時となりのブランコが大きく揺れた。










阿部「あなたどうしたの?寒くない?」











隣で本気でこぐ亮平くん。









『えっなんでこんな所にいるの?』









阿部「通りかかったらあなたがいたから。会いたかったしこのまま一人でいさせてられないでしょ」











亮平くんは振り子のように動く中









私の方を見た。









さっきまでは誰もいなくて、蓮が頭にいたけど










亮平くんがいる事が嬉しくて寂しさなんて吹き飛んだ。









『ありがとう。私も会いたかったよ』










阿部「俺も会いたかった。」











夜の中寒いけどガマンしかない。そう思った時











亮平くんの上着が私の肩にかかった。










亮平くんは私の前に立ってしゃがんだ。










阿部「寒いでしょ。着てて」











そんな優しい優しい阿部くんがまたブランコに座った。












『ありがとう。暖かい』









阿部「よかった。そろそろ帰る?」









『うん!わかった。』














私は亮平くんの手の温かさを感じながら











自分の家まで帰った。












♡30