無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

起きると……。


朝起きると蓮の家だった。












お酒を飲んでその後どうだっけ?











私は立ち上がってリビングまで向かった。













もう蓮が起きていて亮平くんが出てるクイズ番組を見ていた。












『おはよう☀それって亮平くんが出たやつ』











蓮は後ろを振り返った。











「/////おはよう。そうだよ見る? 」











『うん。みたい』












私は蓮の隣に抱き枕を持って座った。














亮平くんが本当にすごくてア然…………













目黒「阿部ちゃんすごいね。まじであっ食パン忘れってた」













蓮は食パンを1枚ずつ持ってきてくれた。









それにコーンスープにサラダ。












蓮がプラスで牛乳を持ってきた。













『ありがとう。いただきまーす』











目黒「いいよ。」










私は食パンを一口 。








ふわふわサクサクまじでうまい











コーンスープもコーンがたくさん入っててちょうどいい。















『すごいね。こんなにおいしいの初めて』












目黒「良かった~。」












また一口また一口と止まらなくなっている中で
















突然蓮くんが声をあげた。
















目黒「あのさ昨日の事覚えてないの?」













『昨日はここに来てお酒飲んでその後どうだっけ』













目黒「あっそうなんだ。わかったありがとう。気にしないで」
















蓮が悲しそうな顔をしているけどなんにも言ってあげれない。















そしてご飯も食べて家に帰ろうとした時














目黒「あのさまた来て」












壁に寄りかかって言ってくる蓮。










やっぱりかっこいいんだよな










『わかったまたね。』、











目黒「うん。ごめんね送れなくて」










『気にしないでお仕事頑張って』













私は蓮の家を出た。









その瞬間をあの人に見られたことも知らずに












家に帰った。
♡30