無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

君はどうゆう気持ちなの。

目黒side








えっパニックパニック









あなたが好きだよなんて言って寝てしまった。








しかもKissまでしてきてさどうゆう事?!?!









でもそんな君の言葉がもう聞けないんだろうな……











『俺もだよ……』









そんな事しか言えなかった。










俺はあなたを起こさないようにベットまで連れていった。











毛布をかけてあなたの手をしまって。












寝ているあなたのおでこにKissをしていた。












『思わせぶりなのはダメだよ。より好きになるじゃん』















俺は自分の残ったお酒を飲んで片付けた。














ソファーで寝る時、浮かんでくるのは












あなたのしてきた事。



















阿部くんとあなたが一緒にいる風景















もうどうすればいいんだよ……











好きなのに…大好きなのに……。












自然と涙が出たが無視して俺は寝ることにした。











♡30