無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

デートの約束?。
目黒side









俺はこの前あった日からあなたと連絡を取り合っていた。










俺はただ大好きであなたを困らせていたかもしれない。












でもあなたが俺に聞くことは










阿部くんの事だらけ。








阿部くん元気?とか忙しい?とか全部阿部くんの事。











俺にも興味示してほしい。










俺をほっとかないで、お願い。










連絡していると昔のように









一緒にいる事がもうできないのかなって思えてくる。











次は目黒~目黒~目黒でございます。
次は目黒~目黒~目黒でございます。
急にごめん。
また今度ゆっくり話したいんだけど
空いてる日ない?
カフェの店長やってま〜す。
カフェの店長やってま〜す。
いつでも大丈夫だよ
次は目黒~目黒~目黒でございます。
次は目黒~目黒~目黒でございます。
じゃあ明日の21時は?
カフェの店長やってま〜す。
カフェの店長やってま〜す。
了解。
カフェの店長やってま〜す。
カフェの店長やってま〜す。
どこで集合する?
次は目黒~目黒~目黒でございます。
次は目黒~目黒~目黒でございます。
目黒駅前
カフェの店長やってま〜す。
カフェの店長やってま〜す。
さすが目黒なだけある。
了解じゃあまた明日
次は目黒~目黒~目黒でございます。
次は目黒~目黒~目黒でございます。
うん。よろしく








阿部くんのだからって関係ない!












好きに変わるものはないんだから。



























昔のように




















俺の彼女はあなたにしたい。








♡20