無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第29話

家に…?

阿部side



どーも阿部ちゃんでーす。










今撮影中なんだけど、めめがおかしくて











『目黒。大丈夫?空の上って感じだけど』












目黒はびっくりした顔をして俺の方を見た。
















目黒「あっすみません。ただボーッとしてました」

















『そっかならいいんだけど』















また元に戻ると完璧に仕事を終えていた。










楽屋に入るとこーじが隣に来た。



















向井「阿部ちゃん~。」











『どうしたの?』










向井「めめとえっと…あなたちゃん仲いいよな」














『まぁ同級生だしね。最近会えてないな』












向井「家に行くほどの仲ってすごいよな」
















『家…?』











向井「うん。めめの家にあなたちゃんが言っとった」、















『あっそうなんだ。ごめん俺ちょっと出てくる』













俺は楽屋を出るとあなたのもとへ走り出した。















自然に体が動いていた。












♡→30