無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

別れ。


私はあなた。









隣の席になった目黒蓮くんと2年間付き合ってます。











でも卒業の時私達は別れることにした。










目黒「あなた別れよう。」









『えっ……』









最初は衝撃的だった。







仲も良かったし、喧嘩もして来なかったから。








目黒「自分勝手だってわかってるでもごめん」








目黒蓮くんは涙目で泣きたいのはこっちだよ……










目黒「幸せになってね。」










彼は走って行ってしまった。










私は家に帰ってずっと泣いていた。










『大好きだったよ……蓮…』












でも写真や貰ったものは捨てれずにいた。









それくらい大好きだった。












それは目黒も同じだったと私は知らなかった。













二人で過ごした日々はもう一生戻らないんだなと















私は心の中で思った。