無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

124
2021/07/31

第4話

二話 晴れて魔女に!
主
それではスタート!
師匠
師匠
よし!今日から魔女の修行を始める。俺の特訓は厳しぞ!まずは肉体と精神そして知能を鍛える。
そうして僕らの修行は始まった。ちなみにメニューは昔の寺の修行?ってくらいのレベルをもっと厳しくした感じ。そして6ヵ月僕らは地獄を見た。
ジェル
ジェル
死ぬ!死ぬ!
るぅと
るぅと
苦しい!
ぴくと
ぴくと
今日は俺らの命日か?
ころん
ころん
うっきゃぁぁぁぁ!
莉犬
莉犬
あ!猿になった。
さとみ
さとみ
ウンコウメ
ジェル
ジェル
イェぇぇぇぇぇい!(キャラ崩壊)
師匠
師匠
よし!今日からはちゃんとした魔法の勉強を始めるから安心しろ。
ななもり。
ななもり。
やったぁぁぁ!これでかませるぜ!
七人とも「よっしゃぁぁぁ!」
ーさらに6ヶ月後ー
師匠
師匠
私はお前たちを認める。今から魔女名を決めたいと思う。
ななもり。
ななもり。
どうやって決めるんですか?
師匠
師匠
…かっこいいかんじの名前にするんだ
るぅと
るぅと
それはつまり適当という事ですか?
師匠
師匠
いや、こう言うのは雰囲気が大事なんだ。
ジェル
ジェル
へー
ころん
ころん
ヘー
さとみ
さとみ
へー
師匠
師匠
では命名する、これは魔女が身につけるネックレスだ。これに魔女名を刻む!
師匠
師匠
こほん!まずはるぅとお前は音楽が得意だからそのまま音楽の魔女だ。次、ころん!お前は意外と涙脆いから涙の魔女だ。次、莉犬お前はなんか赤色だから情熱の魔女だ。その次、さとみ!お前は将来モテそうだから恋の魔女だ。次ジェルお前はいつも楽しそうだから幸福の魔女だ。そしてななもり。お前は紫だから毒の魔女だ。そして最後ぴくと!お前は白いから白色の魔女だ。
ジェル
ジェル
幸福!
ころん
ころん
適当すぎね?
ぴくと
ぴくと
俺ヤバない?なんか白いから白色の魔女って?
さとみ
さとみ
恋の魔女かぁ。脱糞の魔女の方がいいな!
莉犬
莉犬
何処が?
ななもり。
ななもり。
毒かぁ!
るぅと
るぅと
音楽が好きだから…
莉犬
莉犬
なんか赤いから…
さとみ
さとみ
それはその色に生まれたお前が悪いべ
ジェル
ジェル
まぁなんとなく気入った
その後、僕たちは師匠の元を離れて4年間旅をして、7代魔女と魔女で呼ばれるほどの実力を身につけました。次のお話ではその時の戦闘について少し語ろうと思います。