無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

3,226
2021/08/17

第2話

〔1話〕バックで…一ノ瀬くん🔞
今日も保健室で仕事仕事…
あなた
はぁ〜…疲れた…
まだ保健室には誰も来ない…

さすがにムラムラがおさまらないよ…//




















コンコン



私が伸びをしたとき、ドアをノックする音がした
あなた
あ、どうぞ〜!
一ノ瀬くん
失礼しま〜す!
あなた
一ノ瀬くん!どうしたの?
一ノ瀬いちのせくんはスポーツ万能で無邪気で…かなりのイケメン

他校の子と付き合ってたりするのかな?
一ノ瀬くん
ちょっと…いつもの、してほしくて?//
あなた
ん〜、どうしよっかなぁ?
一ノ瀬くん
あなたの名字先生、だめですか?//
一ノ瀬くんが顔を赤らめてこっちを向く

上目遣い…反則…///
あなた
しょうがないねっ…
あなた
お姉さんが相手してあげる…///
ほんとはめちゃめちゃヤりたかった♡

私は席を立つと、鍵をかけてカーテンを閉めると壁によりかかる

今日は立って後ろから突かれたい気分…///
あなた
いっぱい…突いて…?///
私はスカートとタイツを下ろす

すると、一ノ瀬くんがツカツカ歩いて来た
一ノ瀬くん
んっ……//
後ろから、当たってるよ…///

一ノ瀬くん、もう勃っちゃってるんだから…//
あなた
あっ…んっ…///
一ノ瀬くんが私のシャツとブラを外し、後ろから胸を揉みしだく

手から溢れ出てる…///顔のとこまできちゃってる//
あなた
ふぁあ…そこらめぇ…///
一ノ瀬くんが私の硬くなった突起をコリコリする
一ノ瀬くん
ハムッ…ふぁ…チュパッ…///
後ろから耳を舐められる

ビクビクしちゃう…///
あなた
はぁっ…イくぅっ…//
私はビクビクンっと跳ねてイッてしまった

耳と胸だけでイかされちゃうなんて…///
一ノ瀬くん
無理…あなたの名字先生、エロすぎですよ//
一ノ瀬くんはズボンを下ろし、おっきなアレを取り出す
あなた
はぁ…欲しいよっ…///
私のおまんこが…ひくひくしてるっ…///
一ノ瀬くん
んっ…きっつぅ…///
一ノ瀬くんは後ろから激しく出し入れする

ジュプジュプえっちな音が鳴ってる…///
あなた
あっ…あっ…イくぅっ…///
腰を掴まれて上下に振られる

きもちぃ…イクイクイクっ…!///
一ノ瀬くん
はぁっ…出るっ…///
あなた
んんっ〜〜〜〜イくぅっ…///♡
私が達したと同時に一ノ瀬くんのが私のナカに流れ込んでいく

きもちぃ…あったかい…///
あなた
はぁっ…///一ノ瀬くん、お大事にぃ…///
一ノ瀬くん
はい、失礼しました…///
今日もお仕事を果たせました♡