第6話

大変そう…
あなたside
ガチャッ
ここが…家?
私は家に着き、少し安心した





上杉くんに送って貰う時、私は家が分からなかった


だから、送って貰う時も…







* ○ ○ 。 ● * ○ 。* ○ ○ ○ 。 ● * ○ ○ 。 ● * ○ 。 ° 。 ○ 。 ° ゚ ° 。 ○
上杉和典
上杉和典
家、どこ?
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
あっ…
上杉和典
上杉和典
??
家…知らない


でも、ここまで来て家を知らないだなんて言えないし


その時
神☆
神☆
『神様が助けてあげよーう!!』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
……
神☆
神☆
『……案内してあげる!』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
……
神☆
神☆
『・・・・・・まずは向こうまで行って、その後右に曲がってね〜』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
・・・・向こうの方です
上杉和典
上杉和典
んじゃ行くぞ


私は神の指示通り、上杉くんを案内した


上杉くんの質問には、適当に答えておいた


なんか…神のテンションがウザイ←
神☆
神☆
『んー、ウザイって言ったのはスルーして、ここだよ!!←』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
あっ…ここです
上杉和典
上杉和典
・・・・でけぇ
え?


私がよく見れば……



確かに…大きい


土地も広い…
神☆
神☆
『めっちゃ頑張ったんだよ!!?めっちゃ褒めてくんない!?』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
あの…ありがとうございました
上杉和典
上杉和典
別に…気ぃつけろよ?
神☆
神☆
『ちょっと!?スルー!?』
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
はい、では


私は神をスルーしつつ、門を開け、家の中へと入っていった
家の中は、すごく綺麗で、チリひとつ落ちていないようだった
神☆
神☆
ねぇ!スルーって酷くない!?
出てきた…
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
別に…あの場で『凄い』なんて褒めれば上杉くんに怪しまれるでしょ
神☆
神☆
あっそれもそっか!
馬鹿なのかな…←
神☆
神☆
馬鹿じゃない!!!
聞こえてるし…そういえば、心を読めるんだっけ
神☆
神☆
そうだよ!ねぇ!すごいでしょ!?褒めてよ!!
……
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
この家…
神☆
神☆
((o(。>ω<。)o))
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
掃除が大変そう←
神☆
神☆
そっち!?
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
まぁ…すごいとも思うよ
神☆
神☆
やったぁぁぁぁ!!
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
うるさい
神☆
神☆
うぅ(´;ω;`)
この神…面倒
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
この世界について…教えてくれるんじゃないの…?
神☆
神☆
( ゚д゚)ハッ!そうだった!
本当にこの人神なのかな…←
神☆
神☆
神だよッッ!!!!!全くもう(-ε´-。)))
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
.........( •´д•` )
神☆
神☆
哀れな目で見ないでッッ!!
はぁ…いいから、話してよ
神☆
神☆
まずね、第1に絶対バレちゃダメね!!分かるよね!(まぁ…バレても問題は無いんだけどね☆←)
分かるよ…
さっき言ってたじゃない
神☆
神☆
それで次!次は学校ね、学校は……どこがいい?
・・・・どこでも
神☆
神☆
じゃあ浜田中学校!
了解
神☆
神☆
ん〜〜〜〜〜…塾行く?
・・・・なるべく…人のいる所は行きたくない
神☆
神☆
了解!じゃあ行かなくていいね
神☆
神☆
んで、簡単に言えば前の世界とルールとかは変わんないよ!人との関係とかは変わるだろうけど
……どうだかね
神☆
神☆
・・・・ここに一人暮らしって寂しそう
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
別に…前と変わらない
神☆
神☆
そう…
神☆
神☆
んじゃあ、銀行に1億円振り込んどくね!
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
はぁ!?
神☆
神☆
うぉっ…びっくりしたぁ…
桜羽(なまえ)
桜羽あなた
1億って…馬鹿じゃないの…そんなに使うわけないでしょ
神☆
神☆
いいじゃん!貰えるもんは貰っとけ!!!持ってけドロボォォォ!!
泥棒になるならいらないんだけど…
神☆
神☆
てことで気にすんなッッ!存分に使っちゃってくださいな!
えぇ…



こうして、私は「浜田中学校」に通うことになった……














彩ちゃん達の学校って浜田中学校だよね…?By作者(((