無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

第9話 部活
私は吹奏楽部に体験入部した










でも、私は暇だからサボろうとして
腰が痛いから休むといって
そこに座っていた








けれど先輩と友達に先生を呼ばれた







私は必死に痛いふりをした







そしてその日は家に早退する事になった








次の日もその次の日も休んだ







先輩に合わせる顔がなかったし






迷惑をかけてしまったから







でも後で友達に聞いたらその時








先輩は笑っていたと







私が知るには遅すぎた









だってもう私は学校に行っていないから

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

雪水
雪水
よろしくお願いします。 病んでます 一週間に1回くらい小説あげようと思います 誰かに必要とされたい
ミステリーの作品もっと見る
公式作品もっと見る