無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

【2日目】
あなた

ん……

あなた

(ここは……ベットの上…?)

昨日の手錠はベットの頭の方に
括られているらしい…
昨日外されていたはずの目隠しは
またつけられている
謎の男
おはよう、玲愛ちゃん
よく眠れた?
あなた

……

あなた

ねぇ、ここはどこ?

謎の男
んー、玲愛ちゃんが
昨日誘拐された場所から
そう離れてはいないところだよ
あなた

だから、どこなの!?
というか、あなたは誰なんですか!?
なんでこんなことするの!

謎の男
うるさい口だな
少しだまれ
いきなり唇に暖かいものが触れ
その瞬間口の中に強引に舌を入れられる
あなた

っん!?……(やだ!!!)

あなた

や、やめて!やだ!!

謎の男
いつまで強がってられるかな
楽しみだな
“プツッ” “プツッ” “プツッ……”
玲愛の服のボタンがひとつずつ外される…
謎の男
昨日お風呂に入れなかったからね
俺が綺麗にしてあげよう
あなた

触らないでっ!!

謎の男
どこからにしようか……?
首筋から耳にかけて男の暖かい舌が伝う…
あなた

(イヤ…やめて……)

すぐ耳元で嫌な音が鳴る
謎の男
“ジュル…”
謎の男
玲愛ちゃんの乳首…
気持ちよくしてあげる……
あなた

もう…やめて……

男が玲愛の上に馬乗りになる
玲愛は暴れるが、男はビクともしない
あなた

んんんっ……!

謎の男
玲愛ちゃん感度高いねw
もっと可愛がってあげる……
“ジュルル……”
唾液たっぷりの男の舌で
上半身を弄ばれる
謎の男
さぁ……
玲愛ちゃんの“下”はどんななの?
あなた

……!

あなた

やだ!やめて、やめて!!

謎の男
暴れるなよ
無駄だから、痛くされたくなかったら
大人しくしてろよ?
怖くてたまらない玲愛は
男の言葉も耳に入らず、暴れ続けると
男は思いっきりビンタをくらわせる
“バチンッ!!!”
あなた

きゃぁっ!!!

謎の男
暴れるなって言っただろ?w
お前の顔に傷つけたくないから
大人しくしてくれよ
あなた

……………………

謎の男
玲愛ちゃん、足の力ぬこうか、ね?
あなた

………………

謎の男
そんなに、殴られたいのか?
玲愛は無言で首を横に振る
謎の男
殴られたくないなら
自分から開いてみろよw
玲愛はゆっくりと少しだけ足を開く
謎の男
もっとだ
あなた

(もう何やってもダメだ…)
(逆らえない……)
(もう最悪、帰りたいよ……)

謎の男
できるじゃないか
いい子だw
綺麗な足だな舐めてやるよ
男は玲愛の膝に手を当てて
ゆっくりといやらしい手つきで
太ももを撫で上げ
そのまま手はうち太ももへ……
玲愛の秘部のすぐそばをも
撫で回していく
あなた

(んぅ…なんか気持ち悪い……)

謎の男
“ジュジュ…ジュル……”
あなた

ひゃぁ!?

あなた

ん、んん……

あなた

(やだ、変な声出ちゃ… んぁ……)

謎の男
どうしたの?
体綺麗にしてるだけだよ
なに変な声出してるの……?
感じてるとか?w
謎の男
“ジュルジュル…ジュルル……”
男は吸うようにして
わざと大きな音を立てて
玲愛の足を舐め続ける
あなた

(力がはいらない…)

あなた

んんぁ……

謎の男
気持ちいんだろ?
誰かも分からない相手に
気持ちよくさせられちゃってw
「気持ちいいです」って言ってみろよww
あなた

ん………………

謎の男
言えないのか……?
足を乱暴に掴まれる
あなた

き、気持ち…いいです……

謎の男
玲愛ちゃんは変態だなぁ?
あぁ?ww
謎の男
あれー……?
パンツ濡れてない?
あなた

そんなはずないっ!!

謎の男
じゃあ、これなに?
大事なところ
とろとろぉってしてるよ?
あなた

やだっ!みないでよ……

謎の男
じゃあ、俺がここも綺麗にしてあげるね
あなた

んんんっ!!や、やだ……
はぁはぁはぁ……
やめ……んん……!

あなた

(やだ、気持ちいいよ……)
(知らない人に触られて
気持ち悪いはずなのに…)

あなた

(じゅるじゅるって変な音鳴ってるよ)
(恥ずかしいよぉ……んんぁ……)




男の舌による愛撫は続き
玲愛は疲れるまで喘がされた



謎の男
気持ちよかったね?
玲愛ちゃん
今日はそのまま大人しく寝てろ
あなた

はぁはぁはぁはぁ………………

疲れきった玲愛はすぐに眠っしまった