第32話

🦔
319
2022/09/18 11:00
 

500年後






実は私あるアイドルを推してるんですが〜




treasureっていうの!





それでそれで私の推しはね






''ヒョンソクオッパ!''



優しくてかっこよくて可愛くて
ラップも上手で完璧!





そしてついに今日は
サイン会!



絶対認知してもらうぞ!






次ヒョンソクオッパだ…!///





私
私
よ、よろしくおねがいしますっ!




ヒョンソク
ヒョンソク
初めまして〜(*^^*)
あなたちゃんって言うのか〜
 



私
私
やばい…かっこいい…
もう死んでもいい




ヒョンソク
ヒョンソク
ふふㅎㅎㅎ
ありがとうね💓





ヒョンソク
ヒョンソク
あなたちゃん可愛いし面白いから認知しちゃったよ〜(*^^*)




私
私
そ、その!
ヒョンソクオッパかっこよくて大好きです!




ナデナデ(。・ω・)ノ゙






ヒョンソク
ヒョンソク
俺も好きだよ





私
私
…///





\そろそろ時間になりまーす/







ヒョンソク
ヒョンソク
また来てね〜!
 




私
私
大好きです!!








はぁ、やばい!
認知してもらったし
推しに好きっていわれた、!





幸せすぎた…





また推しに会うためバイトしていたら






私
私
いらっしゃいま、せ…?
 




え、めっちゃヒョンソクオッパに似てる







その時にこって私に笑ってくれた





絶対、ヒョンソクオッパだ、!!!






迷惑なの、分かってるけど…







私
私
あ、あの!
ヒョンソクさんですよね?
ファンです…!///




ヒョンソク
ヒョンソク
さしぶりだね〜あなたちゃん
 




私
私
私のなま、え、、
 


ヒョンソク
ヒョンソク
可愛いし面白いから
ずっと頭に残ってたんだよね〜





ヒョンソク
ヒョンソク
ここで働いてたんだ〜
毎日来ようかな





私
私
は、はい!
 




その後注文を取って
ヒョンソクオッパのテーブルまで
アメリカーノを届けた






プリ小説オーディオドラマ