第26話

🦔 君に愛に行く
440
2022/09/12 11:46





俺には大切な大切な






メンバーであり''彼女''がいた





俺は彼女の笑顔が大好きだった
褒めるとりんごみたいに頬を真っ赤に染めて
「愛してる」って伝えたら
お月様みたいににこって笑う顔








でもあの笑顔はもう見えない








会いたいよあなた









あなたがこの世を去ってから今日で1ヶ月








ヒョンソク
ヒョンソク
そろそろ会いたいよ...





今日は
いや、今日も
あなたの眠っているお墓に向かう







今日はジフンも一緒に来てくれた






……




ヒョンソク
ヒョンソク
あなたッッ……泣
 




ジフン
ジフン
ヒョン……泣





今日は泣かないって決めてた







だってあなたが
私がいなくなっても泣かないで
いつもそばに居るからって






そう言ってくれたのに







笑顔であなたのところに行こうと思ったのに







いざ、あなたのお墓の前に来てみれば
あなたはほんとに天使になっちゃったんだって
実感する








ジフン
ジフン
ヒョン自分のこと責めちゃダメです……
 



ヒョンソク
ヒョンソク
ジフナ……泣






あの時止めてればよかったってずっと後悔してる







……






あの日あなたは出かけるって言ったから
俺も一緒に行くって言った







でも「だめっ!
オッパは家でお留守番しててね〜(*^^*)」






そう言って1人で家を出た






そしてあなたは交通事故にあって……







それで……








天使になっちゃったんだ








あなたが眠る病室に行くと
机の上には小さい箱があった







そこには''ヒョンソクオッパへ''って書かれた手紙と一緒にネックレスが入ってた







「オッパ喜んでくれるといいな〜
これお揃いだから毎日つけようね!
誕生日おめでとう
愛してる」







そう書いてあった








あの時出かけたのは
俺への誕生日プレゼントを買うためだったんだ








悲しみと悔しさで涙が溢れた







プリ小説オーディオドラマ