無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

二十八話
なんやかんやありました川内あなたです、どーも。

え、目の前に何か見えるって?












鬼殺隊士が鬼連れてたんだって!

それで柱合裁判するだとか……………。









(なまえ)
あなた
え?
蜜璃
蜜璃
あら、あなたちゃんどうしたの?
蜜璃
蜜璃
まさか…!私に惚れてくれたのッ⁉︎ きゃぁ〜!
(なまえ)
あなた
いやあの、ちがいます()



えだって、鬼?


連れてる?






この子男の子???


で、中に入ってるの女の子?????











リア充かよボケェ!((
女の子ブサイクであれ!!(


非リアに栄光あれ!!!(
(なまえ)
あなた
くっそぉリア充…
宇髄
宇髄
お、そんな乗り気ならあなた、起こすの頼んだぞ
(なまえ)
あなた
え゛


くっ、なんという不覚!

崇高なる非リアであるこの私がリア充を起こすことになるなんて…!!、、
無一郎
無一郎
そういうあなたもリア充から生まれたわけだけどね
(なまえ)
あなた
うるせぇうちのジジイとババアは政略結婚だ


ふーん?という顔をしている宇髄は置いといて、起こすか。





蹴ろう。(迫真)
















♡×100 💬×7 next ↪︎