無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

八話
(なまえ)
あなた
はいなんでしょうか(キラキラ)



くぅ〜……カッターキャーなんて初めての経験ッッッッッッ((当たり前


楽しみ!!!(



あまりの楽しさから目からハート出てます((恋してる
愛奈
愛奈
ええとぉ、こっちきてねぇ❤︎




てくてくてくてく。



愛奈とやらは

『あそこの甘味処はねぇ、
 女将さんは優しいけどぉ、まずいのよぉ』だの

『あの着物屋はぼったくりよぉ。
 あなたちゃんも気を付けてねぇ❤︎』だの話しかけてきて、



私も

『へぇまずいんですかぁ』とか

『私の着物全部あそこなんですが』だの答えた ((おい







……まずい、本当に甘味処行き始めたぞ←

え、これガチのいい子じゃね ( (


私……いじめしたことになっちゃう⁉︎ (

(なまえ)
あなた
んと……愛奈さん?



一抹の不安を覚えながら声をかける。


すると、愛奈さんは急にお腹を抑えて座り込んだ。



うおっっ急だなっっっっ⁉︎ (



愛奈
愛奈
おっっ…腹痛いわぁ…
(なまえ)
あなた
え、厠近くにありませんよ
愛奈
愛奈
立ちうん◯するわぁ………
(なまえ)
あなた
え嘘でしょ



一歩下がって更に引く。


だってさ………。

今この人、立ちションするってノリで立ちう◯こするっていったんだよ? (


愛奈
愛奈
ちょっと……路地まで……
連れて行って……くれない……かしらぁ?



嫌だから脱兎の如く逃走しようとしたが、

普通に羽織の裾掴まれたので、仕方なくついていく。












………重 ((ボソッッ