無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

二話
しのぶ
しのぶ
あら!! あなたさん!
今日こそ婚姻届書いてくださいますね?ニコニコ
(なまえ)
あなた
え書きません可愛いですけど





この可愛い人はしのぶさん。


ちっちゃくて可愛くて可愛い。


そして美しい!!



蝶の羽織に蝶の髪飾り。




蝶のように軽やか、と表すのが適当なしのぶさんに微笑む。



ただし、この人の唯一の難点は、求婚すること。









めっちゃ可愛いのに、そのせいで台無し()



今も、ハナミズキの木の下で気まずい雰囲気が流れた。





カラスの声が確かに「アホー」と聞こえた。



しのぶ
しのぶ
あらあら、じゃあまたいつか書いてくださいね
(なまえ)
あなた
え、あ、はい




成り行きからしのぶさんと歩く。


しのぶ
しのぶ
見ました?
(なまえ)
あなた
愛咲愛奈
しのぶ
しのぶ
ですよね。
ぶりっ子……。あなたさんを傷つけたら殺します
(なまえ)
あなた
……へ?




この時感じた寒気は感じて当然、というか案の定、悪い意味で期待を裏切ってくれる。