無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

九話
愛奈
愛奈
う◯こするから後ろ向いてね
(なまえ)
あなた
臭くしないでくださいね





ため息をついて後ろを向く。



……と。


シャキンッッッッッ。



耳慣れた………でも、う◯こをする場ではありえない音がした。


緩慢な動作で振り向く。






愛奈さんは刀を抜刀していた。



ふっと体の力が抜ける。






(なまえ)
あなた
愛奈さん……………



震える唇から言葉を絞り出す。



愛奈さんはニヤリと笑った。


愛奈
愛奈
ごめんねぇ、あんたぁ、邪魔なんだぁ❤︎
だから……………消えt
(なまえ)
あなた
やっぱり悪女だったんだね!!!!!





光を超える光の速さで接近し、愛奈の手を握る。



……草から抽出したとか言ってたくっさい香水でベタベタの手を (


愛奈
愛奈
……え?
(なまえ)
あなた
いやぁ絶対するだろうなって思ってた!!!
でもさ、めっちゃいい人そうだからしないかなとかうん!!!
でもしてくれるんだね!!
これで利害の一致!
さあ刀キャーして!!!
と、のたまった時←




路地の影から柱が出現致しました!




…ん?←
蜜璃
蜜璃
ほら!!!
らぶちゃんあなたちゃんを騙そうとしてたのよ!!
しのぶ
しのぶ
何してるんですか殺されたいんですか?
(なまえ)
あなた
あれ……(
愛奈
愛奈
え()
伊黒
伊黒
俺は最初からお前を疑っていた
俺が信じているのはお前以外だけだ((あれ





……ちょっと。


誰か状況説明して(白目)