無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

一話
さて、皆さん。


悪女については知ってるよね????????



知ってる、おっけー。






ん? 現代語を使うな?



メタイこと言ってんじゃねーよ!(((




今日、新しい柱ができるらしいんだよ。




あ、うちの屋敷のね?







それはひとまず置いといて。




新しい柱ができるのよ。(それを先に言え)


その名前なんだと思う?
(なまえ)
あなた
ブフォッッ(´^ω^`)wwwww
愛咲ッッ……愛奈wwwwww
(同じ名前の人作者がスライディング土下座して謝ります)



わかったでしょ?
そう……。




クッッッッッソ痛い名前なのだ!!!!((散れ


違う、ぶりっ子っぽい名前なのだ!!!!((((カンペガン見






ということで私、川内あなたは今!!!

とっっっても嬉しいのだ!!!!!
だって、虐められたら柱が付き纏うこともなくなる!!!!


…はず ((ボソッ




だから。


(なまえ)
あなた
わったしは今モーレツに嬉しいのだァァァァ!!!!



私はこの時知らなかった。




今思ったことが、全く見当違いになるなんて…………。