無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

十四話
(なまえ)
あなた
逃げ切った⁉︎   逃げ切ったか⁉︎ ((





路地裏の先の先の先の先の路地裏に逃げた私は、後ろを振り返っていた。

お、逃げ切ったみたいだね⁉︎(




ほーっと息を吐き掛けたその時。


無一郎
無一郎
どーんっっっっっっっ
(なまえ)
あなた
いやァァァァァ⁉︎








路地裏の屋根から落下してきた男の娘!!!((((おい




ドッというとんでもない音を発して着地した後無一郎が抱きついてきた(⁉︎)((
無一郎
無一郎
あなた見つけた
(なまえ)
あなた
抱きつく必要ないだろ痛いぞてめぇ⁉︎




ギリギリっと赤い人顔負け(カラダ探しより ((おい)の強さで十五歳女児の腹を締め上げてくる十四歳男児。







きィィィィィちィィィィィくゥゥゥゥゥ((ゥゥゥゥゥ ((ゥゥゥゥゥ (エコー)
無一郎
無一郎
ねえねえなんで逃げたの
(なまえ)
あなた
痛い痛い痛い痛いです!!!!!!!!
無一郎君まず離しましょうか⁉︎
無一郎
無一郎
逃げるだろてンめェ(超低音ヴォォイス←)
(なまえ)
あなた
……←図星中の図星の墓穴(??????)



一応大人しくしとく。



すると、無一郎は拘束を解いてくれた。



無一郎
無一郎
よしっっっ
(なまえ)
あなた
何よしって
無一郎
無一郎
ちょっとついてきて
(なまえ)
あなた
あーはいはい




無一郎が手招きするのでついていく…………。

































とでも思ったか愚民共(冷笑)←
(なまえ)
あなた
逃げるゥ逃げるゥ〰️俺ゥェ〰️トゥヮ〰️トゥィ〰️(???)
無一郎
無一郎
あっっっ……




逃げるに決まってるだろう君たち⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎←




ということで。




(なまえ)
あなた
私鬼殺隊抜けます!!!!!キャピ←
無一郎
無一郎
………は?(