無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

三話
冨岡
冨岡
川内せんだい




屋敷に着いた瞬間から超爆走で駆け寄ってきたのは冨岡さん。

その手には婚姻届が握られている()



私の書く欄以外、全部埋まっているというのがある意味すごいんだよなぁ()



(なまえ)
あなた
はいなんでしょうか(^^)((


ん?

扱いが雑?


……こうでもしなきゃ諦めないの()



しのぶ
しのぶ
なんですか冨岡さん
ちゃんと言わないと伝わりませんよ??



すっと私と冨岡さんの間に移動し、

息もつかせないほど流暢に、冨岡さんに話しかけるしのぶさん。
冨岡
冨岡
結婚してくれ
しのぶ
しのぶ
私は冨岡さんと結婚する気はありません(^^)(
冨岡
冨岡
お(前)じゃ(ない)
しのぶ
しのぶ
おじゃ? 方言ですか????



ニコニコしながら詰め寄ってくしのぶさんに根負けしたのか、

冨岡さんが青空の下、逃走する。


それを全力で追いかけるしのぶさん。



(なまえ)
あなた
(か⭐︎お⭐︎す⭐︎)
蜜璃
蜜璃
きゃー! あなたちゃんっ、久しぶりねっ!




柱二名から逃げ切ったと思った矢先に抱き竦められる私はどうかと思う。()

(なまえ)
あなた
あ〜……どうも二日ぶりです…


このめっちゃでかいお胸を持つ女の人は甘露寺蜜璃さん。

恋柱。




その殺人的に大きい胸に抱きしめられてて顔が幸せです(?)

蜜璃さんの肩に手を当て、体を離す。



すると、桜色と緑色の特徴的な色の髪の毛が目に入った。


ついでに、人懐こそうな緑色の瞳も。


蜜璃
蜜璃
そうかしら? 五年も会ってない気がするわ…
(なまえ)
あなた
一昨日甘味処行きましたよ


すると、蜜璃さんは「あっ」という顔をした。


……わかりやすい…()

蜜璃
蜜璃
……そうだ、今日柱合会議が終わったらしのぶちゃんと
その継子の子と甘味処いきましょ!
(なまえ)
あなた
あ、いいですよ




すると蜜璃さんは頰に手を当て、

とろけそうな顔で笑顔になった。




蜜璃
蜜璃
新しくできた甘味処の『あいす』が美味しいのよ〜!
(なまえ)
あなた
あいす…? 特徴的な名前


この時、私は不覚にもぶりっ子らしき人のことを忘れていた。


川内あなた、一生の不覚ッ…((ちがう














































ゆりぃ
ゆりぃ
どうも作者の結城ゆりぃです
以後お見知り置きを🙌
ゆりぃ
ゆりぃ
このたび
ゆりぃ
ゆりぃ
すくしょしてくれた
琳葉、ふらぺちゃん、ももちゃんありがとう❣️
ゆりぃ
ゆりぃ
トレンド入りしました ~ ❕
初見さんも来てくれて嬉しい限りです!
ゆりぃ
ゆりぃ
ついでにゆりーの一番人気なのを……
(なまえ)
あなた
やめときな
ゆりぃ
ゆりぃ
ぜひ見てね!! ((殴
ゆりぃ
ゆりぃ
初コメタメ、割り込みを控えていただければ
ぜひコメントどうぞ!
ゆりぃ
ゆりぃ
ただ、早く更新して、とか
私の作品読んでください!
などのコメントは無視しますので把握お願いします~
ゆりぃ
ゆりぃ
ということでコメントお願いします!
呼びは結城さんでもゆりぃさんでも🆗ですので!
ゆりぃ
ゆりぃ
じゃあばいちゃッ