無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

十九話
お館様
お館様
「泊まりなさい」


その時、お館様の声がした。

泊まるじゃなくて止まるじゃないの?(


あれ、それとも柱全員で合宿ですか (



私絶対行きませんわよ (


蜜璃
蜜璃
あなたちゃんと合宿…いいわね、行きましょ!!
(なまえ)
あなた
えちがうちがう
冨岡
冨岡
ぶり柱無しならいいぞ
伊黒
伊黒
癪だが同じ意見だから冨岡に賛成
お館様
お館様
「そうじゃなくて止m」
無一郎
無一郎
列車は僕があなたの隣がいいな




きちんとお館様のご意向には従うんで?

止まってた私の腕を無一郎くんが掴む。




…あれ、君、炭治郎にお館様のお話を遮るなって

逆ギレしてなかった?(※柱合会議参照)


無一郎
無一郎
正直お館様とあなたどっちも大事
(なまえ)
あなた
何この子かわいい
調子乗って抱きついてきたよ ((

まあかわいいから許してやるか (あれ






ってか、お館様の声、どっから聞こえてる?

スッとあたり見渡す。



もっけ
もっけ
もっけ
(なまえ)
あなた
………うおおおおおお⁉︎
(なまえ)
あなた
異世界の生命体!!!



が、ラジオ的なもの持ってひょこひょこしてる!!




まってかーいいなうさぎか!!




(⚠️怪異です)

お館様
お館様
「あのー、みんな聞いてるかい?」
しのぶ
しのぶ
合宿いつにします?
宇髄
宇髄
明後日
実弥
実弥
今からだなァ



いつも話聞いてくれるみんなが聞いてくれなくて


ちょっと拗ねたお館様でした。



(なまえ)
あなた
ちょっとこのうさぎよこせやꪔ̤̮ (