無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

二十四話



地面に落下しているブリ柱をちろちろ見ながらうさぎに話しかける。

(なまえ)
あなた
ちなみに、何かお館様は
他に言ってる?
もっけ
もっけ
きんきゅうちゅうごうかいぎだって
蜜璃
蜜璃
…え (
伊黒
伊黒
柱合会議ってあの⁉︎(




うさぎが言った瞬間、焦燥が生まれた。


宇髄
宇髄
おっ先に〜((タタタッ
煉獄
煉獄
うむ! 宇髄、俺も行く!!((ダンッ
無一郎
無一郎
あなた、追いかけるよ!
(なまえ)
あなた
言われなくてもいくわ!!




ダンッと屋根を蹴り上げ走る。




だって拗ねてる情けない当主でも尊敬してるので。








……してるので???(圧)







---------------------------------------------------------------------------
(なまえ)
あなた
ついたぜっっっ
しのぶ
しのぶ
あらあら冨岡さんずいぶん遅いですね?
冨岡
冨岡
…ブリ柱に追いかけられていた
しのぶ
しのぶ
……それは、可哀想に(低音)
冨岡
冨岡
(ブリ子のおかげで心配してもらえる…だと…⁉︎)




二人の茶番は置いといて。

(なまえ)
あなた
なんであなたここにいるの(震)
愛奈
愛奈
あなたちゃんがぁ、いるからぁ!



鰤柱、復活する (((