無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2021/07/30

第7話

病弱な俺 - 第4話
俺の名前は新堂青空。
そこら辺に居そうなただの高校一年生だ。
青空
青空
っ...危なっ...
今日は晴紀と優と俺の3人で県外に行って、優のおばさんの家に行く予定だった。
...って言っても、日帰りなんだけどねw
青空
青空
今日は朝から体調不良ですかっ...!
へいへいわかったよ〜
もういいから〜
見ている人は怖いかもだけど、俺はよく独り言を言う。
まぁ、今の体調についてなんにも関係ないけどねw





ドアのチャイム))ピーンポーン
青空
青空
はーい
フラフラするなぁ〜...。
こういう時に限って、優と晴紀は来るんだよね〜...w





ドア))ガチャッ
晴紀
晴紀
準備出来てる〜?
...って、青空大丈夫?
優
おぉ、どうした?
今日はなんですぐにバレたんだろう。
俺は不思議だった。
青空
青空
前は、そんなすぐに...ばれ、なかった、のにっ...
優
おーい?
お前大丈夫か?
心の声漏れてるぞ〜?
あ、やべっ。どうしよ..
ってか、さっきより息が荒い。
晴紀
晴紀
じゃあ、今日は中止だね~
優
飛行機じゃなくて良かった〜
晴紀
晴紀
そうだね〜
青空
青空
えっ、
晴紀
晴紀
とりあえず、今日は青空の看病〜!
優は、おばさんに中止の連絡しといて~
優
了解〜
青空
青空
いや、いい...よ
2人だけで、いってき...なよ、
晴紀
晴紀
大切な親友を1人に出来ないよー
ただでさえ今家族みんな留守なんだし、
県外なのに飛行機じゃないの?
え?なんで?
青空
青空
なんで飛行機じゃ、ないの...?
晴紀
晴紀
えっとー、それはね~







主))気になる続きは次の話へ〜