無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

239
2021/06/09

第4話

晴紀の貧血 - おまけ(?)
晴紀 side
今日はいつものように登校...のはずだったが、今日は、貧血気味です。
晴紀
晴紀
はぁ...青空に無理するなとか頼ってねとか言っておいて...
俺、青空と優に頼れる気がしない。
どうしよ...
最近、結構吐血してるし...
病院にも通ってるんだけどなぁ〜
俺は、吐血していて病院に通ってることをまだ青空と優に言っていない。
結衣
結衣
……シタタタッ ヘ(*¨)ノ
お兄ちゃ〜ん!学校行くよ〜
晴紀
晴紀
ごめん、先に行ってて
結衣
結衣
わかった〜鍵閉めといてね。行ってきま〜す!!
早く準備しないとなぁ...
ってか、まだお母さんたち結婚記念日の旅行中じゃん...
晴紀
晴紀
フラッ...バタッ






青空side
いつも学校に1番に来てる晴紀が居ない。なんかあったのかなぁ。
優
晴紀来ないな〜
青空
青空
なんかあったのかなぁ
優
まだ時間あるし、晴紀の家に行ってくるわ!
青空
青空
えっ!?ちょっ...!?
優が行ってしまった...
まぁ、すぐ戻ってくるだろう。







優 side
今、晴紀の家の前にいる。
優
|ω・)و゙ コンコン
晴紀〜いる?おーい
優
試しにドアノブを引こうかな...
ドア))ガチャ
優
開いてるっ!?なんか嫌な予感がするなぁ〜...
晴紀の部屋に行ってみる。
優
晴紀〜!いる〜?
はるっ...
晴紀
晴紀
ゆ、う?
早に入ると、晴紀が倒れていた。
優
うん、優だよ。
大丈夫?なんかあった?
冷静じゃないと、晴紀に笑われるかなと思って少し冷静になってみた。本当の俺ならパニクってただろうね。
晴紀
晴紀
大丈夫...けほっ、ゔっ、おぇっ、
優
えっ!?とっ、吐血!?
とりあえず救急車!!!
俺はすぐに病院へ電話した。






晴紀 side
ここは...?見たことない家の天井だった。
医者
医者
目が覚めましたか。
医者を見た瞬間にここは病院だということを理解した。
晴紀
晴紀
はい。ありがとうございます。
医者
医者
2週間ほどの入院になります。




晴紀は無事に退院して、しっかり青空と優に頼って
ね。と説教されました。