無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

210
2021/06/09

第5話

優の熱 - おまけ(?)
優 side
優
んんっ...ケホッ
母
優、大丈夫?咳出てるよ?
優
ケホッ、ケホッ、ちょっと喉痛い...
母
熱計ろっか〜
はい、体温計どうぞ〜
優
ん、ありがと。
少し寒いなぁ...
そんなことを思い上がらも、体温を計った。

体温計))ピピッピピッ
母
何度だった?
優
37.9...微熱?
母
お母さん仕事行かなきゃだし、学校に連絡したら家出るけど大丈夫?
優
うん、大丈夫。
母
しんどかったら電話してね。
優
分かった。




今何時だろ?
優
15:36...授業がっ、終わった、時間帯だっ、ケホッ
みんな遊んでるだろうなぁ〜俺も遊びたいなぁ
優
ケホッ、ケホッ、ヒューッ、ケホッ
過呼吸...?
お母さんに電話しなきゃ...
優
ヒューッ、ケホッ



電話))プルルルル
晴紀
晴紀
もしもーし
どうしたの...?
優
ヒューッ、苦しっ...ケホッ、ヒューッ
俺は間違えて晴紀に電話していた。でも今はそんなことはどうでもいい。
あ〜、晴紀に合鍵持たせて良かったな〜
晴紀
晴紀
今行く...!待ってて!


電話))ブチッ、ツーツー




俺はその後、晴紀の息に合わせて呼吸をし、看病もしてもらった。後から青空も来てくれて、嬉しかった。
優
晴紀、青空、ありがとう。
晴紀
晴紀
すぐ治ったから一安心だね。
青空
青空
そうだね〜