無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

551
2020/03/03

第2話

🎬





















特に用があるわけじゃないけど




何となく歩く.

























あなた

なんかいい仕事ないかな……








今職に就いていない私は



自分に合いそうな職業を探している.















ふと,ひとつの看板が目に入る.














あなた

お手伝い……さん、、、??










お手伝いさん募集中!!




そう書かれた看板の後ろには,







大きな家があった.
















(こんな感じだと思ってください)









あなた

でか……













私はその家に吸い込まれるように




長い階段をのぼった.


















が ち ゃ ……







重いドアを開けて,中に入る.











あなた

あ、あの……









反応がない









あなた

(いないのかな…)











.


あなた

あの……!!








すると,奥の方からひょこっと身を出して











?
あれ??……





こっちに向かって歩いてくる.










あなた

わ,私……お手伝いさん募集中って書いてあるの見て、、、
ちょっとしてみようかなって………










そう言うと






?
あぁ!!なるほど!!
ささ,入って~~








笑顔の素敵な男の人に手を引かれる.








next