第8話

花火大会
36
2021/05/20 11:00
拓磨
ゲホゲホッ...
拓磨
だるい...
朝起きると体が重かった
拓磨
体温計...
ベットの横にある体温計を脇に刺してじっと待つ
ピピピッと音が鳴って見てみると
拓磨
38.8...
拓磨
はぁ...
夕方まで下がるかな
拓磨
絶対...愛と......花火...見に行く...
また眠りについた













--------キリトリ線--------
拓磨
んッ......
目の前がグラグラする
さっきより熱...あがってるな...
また体温計を脇に刺してじっとする
音が鳴って見ると
40.0だった
拓磨
はぁ...はぁ...
スマホを手に取って先生に電話をかける
医者
もしもし?
拓磨
せ、んせ...
拓磨
まな、に......花火大会...行けないって言ってくださいゴホゴホッ
医者
どうしたの?
拓磨
熱...出ちゃって...
医者
何度?
拓磨
40です...
医者
え?!
医者
すぐに迎えに行くよ
拓磨
いい...ですよ
拓磨
すぐ下がりますから...
医者
黙って布団の中にいるんだよ
拓磨
...はい
ブツっと電話が切れた
拓磨
かあさんに言わなきゃ...
ベットから起き上がってリビングに行く
でもリビングのドアを開けると体が倒れた
拓磨
はぁ...はぁ...
拓磨?!
拓磨
今、せんせ、来るから...
そのまま眠った














--------キリトリ線--------
拓磨
ん.........
医者
大丈夫?
拓磨
大丈夫...じゃなさそうです...
拓磨
花火...
医者
もう終わったよ
拓磨
......
拓磨
ここ、どこですか...
医者
集中治療室
死ぬのかな
医者
あとちょっと頑張って
拓磨
......
拓磨
紙とペン欲しいです......
医者
...俺の少し大きめのメモ帳だけどいい?
拓磨
はい...
少し大きめのメモ帳とペンを貸してくれた
医者
じゃぁゆっくり休むんだよ
拓磨
はい
ゆっくり起き上がってテーブルがないから足の上で書く
拓磨
ごめんねッ......愛ッ...
数時間かけて書いた手紙は枕の下に隠しておいた



それからちょっとづつ回復していって退院は無理だけど普通の病棟に移れた
でも、愛と一緒の病室にはなれなかった
拓磨
...会いたいな
もう抗がん剤治療は無意味だと言われたけど諦めなかった
もう諦めないって決めたから
拓磨
今日は抗がん剤治療じゃないから体楽だな
何かしたい
拓磨
寝よ。
医者
まーた!
拓磨
先生...うるさいです......
医者
これ、手持ち花火買ってきたら夜愛ちゃんとやろ?
拓磨
は、はぃ
医者
それとはい
医者
今日愛ちゃんが作ったやつ
拓磨
え?
医者
ミサンガ
拓磨
なんで
医者
愛ちゃんが暇だから作ったって、何故かふたつも作っちゃったから誰かにあげていいよって
拓磨
......
医者
ほらつけてあげる
拓磨
ありがとうございます...
なんだか複雑だな
医者
拓磨くん、あともうちょっとだから頑張ってね
拓磨
...はい
このもうちょっとは
死ぬまでなのか
治るまでか
俺には分からない
   













--------キリトリ線--------
医者
拓磨くん起きて
拓磨
ん...なんですか......
医者
花火
拓磨
そ、だった...
医者
体調悪いの?
拓磨
少し...
医者
...やっぱり
拓磨
行きます。
医者
...そうだね
車椅子に乗って押してもらう
病院の外に出ると愛が居た
医者
よしやろっか
はい!
はじめまして、愛って言います!
拓磨
拓磨...です
拓磨
拓磨って呼んで
はい!
医者
どれからやろっか〜
医者
線香花火は1番最後だよね〜
何気に先生が1番楽しみにしてたのかな
まなこれやる!
医者
はい拓磨
拓磨
ありがとうございます
火がついてるロウソクで花火に火をつける
医者
拓磨くん楽しくない?
拓磨
あ、いや
拓磨
そういう訳じゃ
最後だと思うと悲しくなるだけだ
拓磨
これ最後かもなって
?まだ沢山あるよ?
拓磨
そうだねニコッ
医者
......
医者
ほらほらどんどんやってくぞー!
どんどん花火を消化していった
医者
いいぞ、いいぞ、
医者
落ちるなよ
先生の線香花火が落ちる
医者
くそ〜ッ...
拓磨
息めっちゃかかってるからですよ
拓磨
あ、落ちた
医者
ふっ、まだまだだな
拓磨
俺より先に落ちたじゃないですか
残った!
見てみて!残った!
拓磨
先生より愛の方がすごいんじゃないですか?
医者
もう1回だ!
線香花火が無くなるまで勝負し続けた
またね!
拓磨
またね
手を振ってお別れする
医者
どうだった拓磨くん
拓磨
楽しかったです
ポタポタッ...
拓磨
ッ...
鼻血が出てきて鼻を押さえる
医者
大丈夫?!
拓磨
はな、じ......
医者
これ、ポケットティッシュ
拓磨
ありがとうございます...
ポケットティッシュを全部使っても鼻血は止まらなかった

プリ小説オーディオドラマ