前の話
一覧へ
次の話

第9話

最後こそ
60
2021/05/21 11:00
あれから拓磨くんの様態は悪くなる一方だった
また集中治療室に戻っての治療が始まった
医者
拓磨くん、元気かい?
寝ている拓磨くんに話しかける
医者
ごめんね、こんな医者で
医者
助けられなくて
医者
今日は少し落ち着いてるね
拓磨
せ、んせ......
医者
起きちゃった?
拓磨
病室の......引き出しに、手紙、あるから
拓磨
愛に...渡して
医者
うん、渡しとくよ
拓磨
ありがとうございます...
拓磨
ありがとう......ございました...
医者
拓磨くんっ?
機械音が激しくなっていく
拓磨
もう、いいです......
拓磨
このまま...に、してください...
医者
ッそんなことは出来ない
すぐにほかの看護師などが来て処置を始める
拓磨
せんせ、俺.........愛の中にッ...残れたかな...
医者
諦めたらダメだッ...
拓磨
ありがとう...ございました













--------キリトリ線--------
医者
ッ......
医者
辛いなッ......
17年間ずっと拓磨くんの担当医だった
17年間も一緒にいたら...涙なんか止まらない
拓磨くんの使ってた病室の引き出しを開くと愛ちゃん宛の手紙が入ってた
医者
渡さなきゃな...
少し早足で愛ちゃんの病室に行く
医者
愛ちゃん調子はどう?
普通ですけど?
医者
これ、
...?














--------キリトリ線--------
うっ......ヒクッ...
知らない人ッ...なのにッ......
医者
愛ちゃん、拓磨くんは愛ちゃんの知らない人じゃないよ。
医者
これ、
先生はスマホのフォルダーから写真を見せてくれた
涙がまた沢山溢れてきた
分からないよッ...
あぁッ...
写真の中の拓磨くんは笑ってたけど何処か、とても悲しそうだった
拓磨くんはッ...
幸せだったかなッ......
医者
うん。愛のおかげできっと幸せだったと思うよ
覚えてたかったッ......
ごめんねッごめんねッ...
まなが覚えてないことでどれだけ悲しませたんだろうッ
医者
愛ちゃん、見せて、くれる?
はいッ...














--------キリトリ線--------
愛へ
俺の事、きっと覚えてないよね。愛はいつの日か俺に言ってくれたんだよ。生きて欲しいって、初めてだった誰かから生きて欲しいって言ってくれたの。何回も死にかけて何回も病気にかかったけどこの16年間誰も言ってくれなかった。バンドの仲間も、家族も。誰も。だから愛の記憶には残れないけど、愛の中に残れたらいいなって、それだけで幸せだなって思った。俺は、愛の中に残れたかな。ろくな人生じゃなかった、でも愛のおかげで毎日が楽しくなった。愛のおかげで諦めなかった。沢山遊ぶって約束も守れなくてごめんね。何一つ愛にしてあげられなかった。ごめんね、でもね。ありがとう。ありがとう。感謝してもしきれないよ。何回ありがとうって言っても足りないぐらい。ほんとにありがとう。愛は幸せな人生を送ってね。きっと近くに居ると思うから、ひとりじゃないよ。2人だよ、寂しくないよ。またあう日までばいばい。
拓磨より




手紙を見終わって愛の方に目を向けると隣で笑ってる拓磨くんが居た

プリ小説オーディオドラマ