無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

436
2021/09/20

第3話

公園
今日はお兄ちゃんがいないから私は1人だ

私はお医者さんには言ってないけど

もう、無個性って呼ばれる

本当に私は無個性なのかもしれない

公園でも1人…か

そんな時20代後半ぐらいの女の人が私の隣に座った

吹田鳥子
吹田鳥子
隣いいかな?
(なまえ)
あなた
いいですよ
吹田鳥子
吹田鳥子
ちょっと話いいかな?




あなたもしかして
悩みがあったりする?
(なまえ)
あなた
はい…
なかなか個性が発現しないんです

双子の兄さんは結構前に発現したのに
私はたぶん無個性なんです

あと数ヶ月たっても個性が発現しなかったら病院に行くんです

それで無個性って診断されたらっ
誰でもいいから話たかった

お兄ちゃんにはこれ以上心配されたくなかった

お兄ちゃんの重荷にはなりたくなかったから
吹田鳥子
吹田鳥子
私ね、もうそろそろ死ぬの

この前余命宣告されちゃってね
あと3ヶ月だって

よかったら私の個性あげようか?
(なまえ)
あなた
そんなことできるんですか?
吹田鳥子
吹田鳥子
私の個性は“吸収”っていって

個性を吸収できるの

右手で触ったら吸収できて
左側です触ったらその個性を返すことができる

例えばA君とB君がいるとすると
両方の個性を吸い取って
A君の個性をB君にB君の個性をA君に渡すことができるんだ

この個性は人の個性を奪うみたいなものだからヒーロー向きじゃないけど
吹田鳥子
吹田鳥子
お父さんとお母さんの個性ってなに?
(なまえ)
あなた
炎と氷
吹田鳥子
吹田鳥子
じゃあ私のお母さんの個性もあげる

周囲の水を操る個性だよ
(なまえ)
あなた
いいんですか?

形見じゃありません?
吹田鳥子
吹田鳥子
私が死んで個性も一緒に無くなっちゃううんだから

あげた方がいいよ
吹田鳥子
吹田鳥子
大事に使ってね
そういうと

お姉さんは私の体を左手で触れた
吹田鳥子
吹田鳥子
これで君はもう無個性じゃないね!
吹田鳥子
吹田鳥子
最後に、名前聞いてもいいかな?
(なまえ)
あなた
あなたです
吹田鳥子
吹田鳥子
あなたちゃん

これからの人生楽しんで!

あと、貰った個性ってことは秘密ね!
そういうと

お姉さんは去っていった

名前、聞きそびれちゃったな