無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

859
2018/04/01

第52話

小瀧side
重岡
なぁ、みんなで一緒にご飯食べへん?
そう切り出したのはしげやった。
重岡
俺ん家来てや!おとんとおかんにみんなのことも紹介したい!
明るく言ったしげに、みんなが頷く。

重岡
家行ってもええか、電話してくる!
って電話したしげは、すぐに僕らにOKサイン。

急に6人も押しかけて大丈夫やなんてすごいお母さんやな、なんて笑う。


濱田
よしっ!じゃあしげの家にお邪魔しますか!
濱ちゃんの掛け声で、泣いてた神ちゃんと照史君もようやく立ち上がって、ぞろぞろと部屋を後にした。



しげの家に行くまで、照史君も神ちゃんも、頷くだけで自分から話しはしなかったけど、

ずっとしげが神ちゃんの隣に、
濱ちゃんが照史君の隣にいた。




しげの家の近くに着くと、もうあたりは薄暗い。


濱ちゃんが「俺んちはもっと田舎やー!」何て言って、住んでる場所の話で盛り上がってたら、しげの家に着いた。



重岡
ただーいまー!!
家に入ると、しげのお父さんとお母さんが出迎えてくれた。

ワイワイ靴を脱いで、晩ごはん出来るまでしげの部屋に行かせてもらう。



ずっと学校では誰かの家に行って遊ぶような友達はできひんかった僕にとって、こんなこと初めてでめっちゃワクワクした。