無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

29
猗窩座の腕は、私のお腹を貫いていた

絵依月 神奈絵
ゲホッ……ゴホッ……
想像を絶する痛みだった

口から吐いた血が、猗窩座の腕にかかるが、お腹から出た血か、吐いた血か、わからなかった

猗窩座
死んでしまうぞ神奈絵!!鬼になれ!!鬼になると言え!!
確か、無惨と他の鬼って視覚も共有できるんだよね……

それなら、今私が、猗窩座がいるタイミングで鬼だということをバラしてしまうと私は多分、無惨に狙われてしまう

それなら、しばらくの間、痛みを我慢しないと……

あと、首を斬らなきゃ……!!
絵依月 神奈絵
っ!!
私は思いっきり猗窩座の首に刀を振った
猗窩座
かっ……(こいつ、まだ刀を振るのか……!)
駄目だ!!私じゃ硬すぎて斬れない!!

そう思った時
煉獄杏寿郎
斬れろおおおお!!
煉獄さんが反対側から斬ろうとした
猗窩座
っ!
そして、猗窩座が私を殴ろうとしてきたが、それを刀を持っていない方の手で止める
猗窩座
(止めた!?信じられない力だ!急所みぞおちに俺の右腕が貫通しているんだぞ!?)
猗窩座
!!(まずい、夜明けが近い!!早く殺してこの場を去らなければ…………。………!?)
猗窩座
(腕が、抜けん!!)
絵依月 神奈絵
絶対……逃がさない……!!
猗窩座
退けぇぇえええ!!
絵依月 神奈絵
絶対無理……!!
竈門炭治郎
伊之助!!神奈絵さんのために動けーっ!!
嘴平伊之助
!!
嘴平伊之助
獣の呼吸 壱ノ牙 穿ち抜き……
伊之助も加勢しようとした時

猗窩座は自分の腕を切断し、私の刀の刃ごと、飛び上がった
絵依月 神奈絵
!!
そして、猗窩座は日陰へと逃げた
竈門炭治郎
逃げるな卑怯者!!逃げるなァ!
そう言って炭治郎は猗窩座の方に思いっきり刀を投げた
猗窩座
!!
それは見事ど真ん中に命中した
竈門炭治郎
いつだって鬼殺隊はお前らに有利な夜の闇の中で戦っているんだ!!生身の人間がだ!!傷だって簡単には塞がらない!!失った手足が戻ることも無い!!
竈門炭治郎
逃げるな馬鹿野郎!!卑怯者!!
竈門炭治郎
お前なんかより、神奈絵や、煉獄さんの方がずっと凄いんだ!!強いんだ!!神奈絵達は負けてない!誰も死なせなかった!
竈門炭治郎
戦い抜いた!!守り抜いた!!
竈門炭治郎
お前の負けだ!!神奈絵達の勝ちだ!!
竈門炭治郎
うわああああああああ!!
竈門炭治郎
ああああああああぁぁぁ
竈門炭治郎
うっううっ
絵依月 神奈絵
そんなに叫ばないで……傷が……開いちゃうでしょ……?
煉獄杏寿郎
絵依月……俺を……俺を庇ったから……
絵依月 神奈絵
大丈夫ですよ、煉獄さん。私……
絵依月 神奈絵
死にませんから
そう言って私は、鬼の気配を隠すのをやめた