無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22
……今、蝶屋敷にいます


何をしているかといいますと


説教を受けています
胡蝶しのぶ
全くどれだけ心配したと思っているんですか!?
胡蝶カナエ
そうよ……長期任務でもないのに1ヶ月もいなかったから本当に心配したのよ?
絵依月 神奈絵
うっ……すみません……
胡蝶しのぶ
……1番心配してるのは義勇さんと錆兎さんです。今鎹鴉で連絡を
錆兎
神奈絵!!
冨岡義勇
帰ってきたのか!?
しのぶちゃんの話を遮って義勇達が来る
錆兎
お前ほんと今まで何してたんだ!
冨岡義勇
心配したんだぞ……
絵依月 神奈絵
ほんとすみません……。有一郎くん助けるのに、けっき……
術と言いかけて口を閉じる

そういえばしのぶちゃん達には私が鬼だってこと内緒だった……
胡蝶しのぶ
けっき、なんですか?
絵依月 神奈絵
い、いいいいいえ!なんでもないですよ!!((めっちゃ焦ってる))
錆兎
……(なるほど、こいつは昔俺に使った血気術を使って有一郎ってやつを助けたのか……)
冨岡義勇
……(けっき……なんだ?)
錆兎
とにかく、もう心配かけさせるなよ
絵依月 神奈絵
はーい……
絵依月 神奈絵
あ、ところで、有一郎くんは大丈夫そうでしたか?
胡蝶しのぶ
はい、内部の損傷もありません
絵依月 神奈絵
よかったー
胡蝶カナエ
助けた甲斐があったわね!
絵依月 神奈絵
はい!
絵依月 神奈絵
とりあえず今日はもう寝るよ……
錆兎
じゃあ帰ろう
絵依月 神奈絵
おー