無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

23
あれから2、3年程経っただろうか

その間に無一郎くんと真菰ちゃんは柱になった

有一郎くんは、鬼殺隊の仕事をしながら蝶屋敷の手伝いなどをしている

そして、しのぶちゃんも無一郎くんと同じくらいの時期に柱になり、カナエちゃんは柱を引退した

カナエちゃんも有一郎くん同様に、蝶屋敷の手伝いなどをしていた

そして、私はというと、自分の屋敷ができた

ちなみに、私が泊まっていた義勇と錆兎の屋敷は、義勇が竹林の所にある屋敷に移り、錆兎は前と同じ屋敷で暮らすことになった

私の屋敷は空がよく見える場所で、周りの光が少なく、星もよく見えた

屋敷もまぁまぁの大きさで、1人で住むにはとてもいい所だった



そういった色々なことがあり、今は産屋敷邸に来ている
御館様
今日はしのぶと義勇、神奈絵の3人で那田蜘蛛山に向かって欲しい
……え?

ちょっと待って那田蜘蛛山っていいました?

もしかして、え?
御館様
そこには十二鬼月がいるかもしれない。私の子供達が沢山やられてしまった……
御館様
行ってくれるかな?
3人
御意
胡蝶しのぶ
ねぇねぇ冨岡さん、鬼と人間も仲良くできると思いませんか?
冨岡義勇
……場合による
_人人人人人人_
> 場合による <
 ̄^Y^Y^YY^Y ̄
絵依月 神奈絵
私は出来ると思うなー
実際してますし(^ω^)

私鬼なんで
胡蝶しのぶ
……そうですよね、では行きましょうか
絵依月 神奈絵
おー
冨岡義勇
……
私たちは那田蜘蛛山へ向かった














???side



くそっ……確実に斬れたと思ったのに……!!

ヒノカミ神楽を使ったからもう体が動かない!!
血気術 殺目篭
下弦の鬼が糸を使って俺を切断しようとした

その時


シャキン


バラバラになった糸が俺の上にサラサラと降ってくる

誰かが、斬ったんだ
???
月の呼吸 参ノ型 月華の舞
その人は、とても綺麗に舞いながら鬼を斬った

そして、こっちを向く
???
だ、大丈夫!?
竈門炭治郎
えっ、は、はい……
というか、この人のお面……

鱗滝さんが作ったものだ……!
竈門炭治郎
あ、あの、名前は……?
???
ごめん!名前言ってあげたいところなんだけど、今炭治郎くんに危険が迫ってるから!!
竈門炭治郎
え……?
危険が迫ってるのも謎だけど、なんで名前知ってるんだ?

そう考えていた時だった

キィン

刃と刃がぶつかる音がする
???
あら?なぜ守るんですか?
???
……っ
???
そっちの子は鬼なんですよ?
???
知ってる
な、何が起こっているんだ!?

もしかして、禰豆子を斬ろうとしている!?

すると
???
!!
もう1人男の人が来る

半分違う柄の羽織……

あれは確か……

冨岡義勇さん……
???
義勇!しのぶちゃんの相手よろしく!
冨岡義勇
……ああ
???
冨岡さんまで……隊律違反ですよ?
冨岡義勇
知っている
???
炭治郎くん、今動けない状態だよね?
そう、鱗滝さんのお面をつけた人が言う
竈門炭治郎
は、はい!
???
2人か……ごめん、ちょっと雑になるけど許して!
そう言ってお面の人は、俺を左に、禰豆子を右に持った
竈門炭治郎
!?
???
義勇!あとはよろしく!!
冨岡義勇
……ああ、わかった
???
行くよ!
竈門炭治郎
えっ
そう言って尋常ではないスピードで山の中を駆けた