無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

拾弐
甘味処を出てから、1ヶ月以上私は毎日のように鬼を倒してまわった。2匹以上倒すなんて日も数日あった。なんでこんな鬼畜なんだろうと思いながら真夜中の道を歩いていた
絵依月 神奈絵
ねぇ……思ったんだけど、私どこに向かって歩いてるの?
鎹鴉(神奈絵の)
知ラナイデスヨォ!貴方ガ勝手ニドコカヘ歩イテイッタノデスヨォ!
絵依月 神奈絵
あ、そう言えばそうだった。任務とかないの?
鎹鴉(神奈絵の)
アリマスヨォ!東ニ向カッテ下サァイ!合同任務デスヨォ!
絵依月 神奈絵
了解ー













しばらくして
鎹鴉(神奈絵の)
合流シテクダサァイ!
絵依月 神奈絵
え、誰と?
鎹鴉(神奈絵の)
モウスグ来マスヨォ!
絵依月 神奈絵
いや教えてくれてもいいじゃんか
そして数分待った

いや、早く来いよ
絵依月 神奈絵
……遅くない?
鎹鴉(神奈絵の)
モウスグ来マスヨォ!
ちなみに何度言ったってこの返答だ

もうすぐもうすぐって全然来ないじゃんか……
絵依月 神奈絵
もう違う任務行く
鎹鴉(神奈絵の)
エエェー
そう言って来た道を戻ろうとした時だった
???
すみません、合同任務で一緒の方ですか?
後ろから話しかけられる

多分私のことだろうと思い声の方を見ると
絵依月 神奈絵
!?!?さ、錆兎!?義勇!?
錆兎
その声、まさか、神奈絵か!?
冨岡義勇
神奈絵!?
そこにいたのは、成長した錆兎と義勇だった……















それから、歩いて任務の場所に向かいながら遅れた理由を聞いた
絵依月 神奈絵
ほんっっと待ったんだからね
錆兎
悪かったって
冨岡義勇
大体、錆兎が途中でどっか行くからだろ
錆兎
だから悪かったって
絵依月 神奈絵
それにしても、錆兎はそんな変わってない気がするけど、義勇は変わったね。なんか、静かというか、大人しくなったというか
まるで、鬼滅の刃で出てきた義勇みたいだった

……当たり前か

ていうか語彙力無いな
錆兎
なんでか知らないが、だんだん喋らなくなっていったんだよ
冨岡義勇
……
絵依月 神奈絵
ええw
あ、そう言えば、私が鬼殺隊になってたことは知ってたの?
冨岡義勇
鱗滝さんに手紙を貰って
絵依月 神奈絵
なるほど
錆兎
そう言えば神奈絵、なんで狐の面をしてるんだ?
絵依月 神奈絵
あー、私鬼でしょ?オーラは隠せるけど目とか口の牙は隠せないから、鱗滝さんに作ってもらった狐の面をしてるの
錆兎
そうか……あ、そういえば、俺たちさ……
冨岡義勇
柱になった
絵依月 神奈絵
え、ほんと!?
錆兎
義勇、セリフ取るなよ……
冨岡義勇
わるい
絵依月 神奈絵
www
もう柱になってたんだ……早いなぁ

あ、柱といえば……
絵依月 神奈絵
ね、ねぇ、柱に胡蝶カナエっていう人いる?
錆兎
ああ、いるぞ。ていうかなんで知ってるんだ
絵依月 神奈絵
あ、えっと……噂で……?ほら、柱って強いから、有名なんだよ(?)
冨岡義勇
それにしては、俺達が柱になったこと知らなかったんだな
絵依月 神奈絵
え、あー、ま、まぁ……?
我ながら酷い言い訳だな……

というか、カナエさん生きてたんだ!

そしたら助けられるかもしれない!!

いやほんと助けたいわマジで
錆兎
あ、そういえば、その胡蝶さん、この辺りに来てるんだ
絵依月 神奈絵
そうなの?
冨岡義勇
ああ、胡蝶さんが任務に行ったところが、十二鬼月がいる可能性があるんだ
義勇が「胡蝶さん」って言ってるのなんか不思議だなぁ(おい)
絵依月 神奈絵
へぇー……
ん?待てよ?十二鬼月?

もしかして、童磨だったりする?

もしかしてカナエさんが死んじゃうの、この任務なんじゃ……
絵依月 神奈絵
カナエさんの所に早く向かってあげた方がいいんじゃ……
錆兎
そうだな、もし上弦だったらかなり危険だ
そう言って私たちは走るスピードをあげた















それから数分経っただろうか
絵依月 神奈絵
鬼のオーラが見えてきた……
冨岡義勇
ああ、近いな
錆兎
この気配、上弦じゃないか?
絵依月 神奈絵
私もそんな気が………………!!
私は思わず驚愕してしまった

自分の勘が当たってしまったのだ……