無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

捜査
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
まず…
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
千奈が言ってた管理者専用って部屋を見に行ってみよう
霧野千奈(きりのちな)
霧野千奈(きりのちな)
その前に、
霧野千奈(きりのちな)
霧野千奈(きりのちな)
盾みたいに体を守れる何かを探した方がいいと思う
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
そっか
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
それなら、私に任せて
霧野千奈(きりのちな)
霧野千奈(きりのちな)
なんか知ってるの?
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
もち!ついてきて
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
霧野千奈(きりのちな)
霧野千奈(きりのちな)
この部屋…?






真由ちゃんに言われるがままに歩いていくと、ものすごく不気味な部屋にたどり着いた

















ドアの周りには蜘蛛の巣が大量で

"THE ホラー映画の舞台"

という感じの部屋だった

















萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
そうだよ
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
中に入ったら絶対に声を出さないでね
萌黄真由(もえぎまゆ)
萌黄真由(もえぎまゆ)
かなり不気味な部屋だけど







そう言って真由ちゃんは扉を開いた










霧野千奈(きりのちな)
霧野千奈(きりのちな)
(不気味な部屋…入りたくないよ……!)






私は心の中で叫んだ

















実は、
















私は、ホラー映画やお化け屋敷が大大大大大大っ嫌いなのだ