無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

4話『最低な警官』
520
2021/04/28 17:02
志麻side

はぁ…黙って助けるかよ…(ニヤ
うらた
はやくでていかねーの?
志麻
あぁ、なんも条件無しで助けるとでも思ったんか?
うらた
は?
志麻
まぁ…簡単な条件だよ。
うらた
なぁ、今日1日いるよな。
志麻
あぁ…もう深夜回ったしな。
うらた
なぁ、なにするつもりなんだよ。
志麻
まぁ…深夜やし…

俺の舐めてくれへん?
うらた
はぁ…?!
はぁ…欲を抑えきらんのや…
志麻
舐めへんかったら~死刑でも~
うらた
あぁ…!もう…!

舐めなら…見逃してくれるんだよな…?
志麻
あぁ。
うらた
もぅ…//
うらたくんが俺のズボンを下げる
うらた
でっか…
とか、いいながら…
うらた
はむッ…//ほおきい…//
志麻
んっ…
次第に腰が動く…
うらた
んッ…?!
こんな…囚人をすきになるやなんて…
うらた
んぁ…//
志麻
苦しいか…?(ニコッ
うらた
(志麻さんのモノを離す

そりゃ苦しいだろ!
志麻
いじってあげようっておもったんやけどなぁ…(ニコッ

やめたわ
うらた
え…(涙目
志麻
知らん。

また、明日な。

おやすみ、1201
うらた
なんで…名前で呼ばないんだよ…
志麻
はぁ?警官とお前は囚人なんよ?
うらた
…おやすみ
志麻
ははっ…おやすみ…(チュッ







わたる。
うらた
ば、ばか変態警官め。
志麻
ははっw
うらたside

なんだ…この気持ち…

俺…こいつに…
死刑判決まであと、6日。