第34話

1章20話(決闘後)
118
2022/01/03 10:04
〜ハーツラビュル寮  薔薇の迷宮〜
エース
エース
さ、晴れてオレが寮長になったことで、リドル先輩!
リドル
リドル
……なんだい?
エース
エース
まず、今までにオレたちにしてきたこと
謝ってください
リドル
リドル
どうしてだい?ルールを破る
キミたちが悪いだろう?
エース
エース
今はオレが寮長っすよ?
リドル
リドル
……
エース
エース
へえ。黙りですか。いいですよ別に
エース
エース
でも、これからはオレがルールなんで
リドル
リドル
……は?
リドル
リドル
決闘前にボクが言ったことをもうお忘れかい?
エース
エース
まさか
エース
エース
でも、今はオレが寮長。
エース
エース
寮長は別に何してもいいんすよね?
リドル
リドル
……それは
エース
エース
何も言わないってことは、肯定ってことで
エース
エース
じゃあ寮長命令
エース
エース
今後、変なルールで寮生をがんじがらめにするのは辞めろ。
エース
エース
いいな?
リドル
リドル
……だい……してだい
エース
エース
なに?まだなんかあんの?
リドル
リドル
どうしてだい?どうして君が
ボクに勝てたんだい?
リドル
リドル
お母様は言ってた。ルールを守れないやつは何をやってもダメなんだって。
リドル
リドル
どうして?ルールを守れないキミが!
どうしてボクに勝てたんだい?
エース
エース
それは、オレが努力したってことで
リドル
リドル
ふん。キミたちの努力なんてたかが知れてるよ
エース
エース
……まあ確かにリドル先輩の努力量なんて知りませんよ。知る由もないし
リドル
リドル
少なくとも、キミがボクに勝つその何十倍も努力したよ
リドル
リドル
今まで、どんなに厳しいルールもスケジュールも全てこなしてきた
リドル
リドル
キミにその辛さがわからないだろ
エース
エース
あー分からないね。わかるわけねぇだろ!
エース
エース
あんな態度で分かると思うか?
甘えてんじゃねーよ!
リドル
リドル
……
エース
エース
昔辛かったから何?今度は他の奴にも強制させて何がしたい訳?
リドル
リドル
うるさい、うるさい、うるさい!!黙れ!!
リドル
リドル
お母様は正しいんだ!
だからボクも絶対に正しいんだ!!
トレイ
トレイ
リドル、落ち着け。決闘はもう終わってる!
学園長
学園長
クローバーくんの言う通りです。
学園長
学園長
これ以上争いを続けるのであれば
校則違反になりますよ!
モブ
新入生の言う通りだ!!
もううんざりなんだよ!!
ペチャ
リドル
リドル
うっ!?
トレイ
トレイ
!?なんだ……卵?
寮生が投げた……のか?
リドル
リドル
誰だ!ボクに卵を投げた奴は!
寮生
……………………。
リドル
リドル
フ……ハハハ、アハハ!!
うんざりだって?うんざりなのはボクのほうだ!!
リドル
リドル
何度首をはねても、どれだけ厳しくしても
お前たちはルール違反をおかす!
リドル
リドル
どいつもこいつも、自分勝手な馬鹿ばっかり!
いいだろう。名乗り出ないなら全員連帯責任だ!
リドル
リドル
全員の首をはねてやる!
リドル
リドル
首をはねろオフ・ウィズ・ユアヘッド!!
ガチャ
寮生
う、うわああ!!逃げろ!
モブ
ぐええっ!首輪がっ……!
リドル
リドル
アハハハ!どうだ!
誰もボクに手も足も出ないだろう!
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
(あ〜めんど。絶対私の存在抜けてるじゃない)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
(遅延効果でデバフかけてあげよ)
リドル
リドル
やっぱりルールを厳守するボクが一番正しいんだ!
学園長
学園長
おやめなさいローズハートくん!
ルールを守る君らしくもない!
ケイト
ケイト
トレイ、これやばいよ。
あんなに魔法を連発したら……
トレイ
トレイ
くっ…!
リドル!もうやめろ!
エース
エース
おい!
なんでも自分の思い通りになるはずないだろ!?
エース
エース
そうやってすぐ癇癪起こすとこが
赤ん坊だっつってんの!
リドル
リドル
今すぐ撤回しろ!串刺しにされたいのか!
エース
エース
やだね。絶っ対にしねえ。
リドル
リドル
うぎいいいいいい!!!!!!
ケイト
ケイト
ガチでヤバいって!お前ら逃げろ!
グリム
グリム
うわわ……庭中の薔薇の木が全部
浮き上がっていくんだゾ……!
デュース
デュース
なんて大がかかりな魔法なんだ!
まだかアレ全部で突っ込んでくる気か!?
リドル
リドル
薔薇の木よ、あいつの身体を
バラバラにしてしまえーーー!!!
学園長
学園長
いけない!避けなさい!
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
……!
エース
エース
……ッ!!
ガチャ
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
巻きつく尾バインド・ザ・ハート!!
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
ホッ
リドル
リドル
!?これは……
エース
エース
……あ、れ?生きてる?
燐羅?
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
間に合った……
デュース
デュース
薔薇の木が全部トランプに変わった!
これは……
雨宮憐羅(あまみやれいら)
雨宮憐羅(あまみやれいら)
(どうやら助けはいらなかったようね)
トレイ
トレイ
リドル、もうやめろ!
ケイト
ケイト
トレイの『ドゥードゥル・スート』!?
えっ……どういうこと?
グリム
グリム
魔法封じの首輪が外れたんだゾ!
トレイ
トレイ
言っただろ。俺の『ドゥードゥル・スート』は少しの
間だけならどんな要素も上書きすることができる。
トレイ
トレイ
だから……“リドルの魔法”を
“俺の魔法”で上書きした。
ケイト
ケイト
うっそ…………。
そんなんなり!?チートじゃん!
リドル
リドル
く……っ、首をはねろ!首をはねろったら!
なんでトランプしか出てこないんだよぉ!
トレイ
トレイ
リドル、もうやめろ。これ以上はお前が孤立して
いくだけだ!みんなの顔を見てみろ!
モブ
ほ、本気でやる気だったのかよ……
モブ2
さすがにやり過ぎだろ……
モブ
バ、バケモノだ……
リドル
リドル
は……?トレイに魔法を上書きされた……?ボク
の魔法よりキミの魔法のほうが優れてるってこと?
トレイ
トレイ
そんなことあるわけないだろ。
リドル、いったん落ち着いて話を聞け。
リドル
リドル
キミもボクが間違ってるって言いたいの?
ずっと厳しいルールを守って頑張ってきたのに!
リドル
リドル
いっぱいいっぱい我慢したのに!
ボクは……ボクは……信じないぞ!!!!!
学園長
学園長
いけませんローズハートくん!
学園長
学園長
それ以上魔法を使えば、魔法石が
『ブロット』に染まりきってしまう!
リドル
リドル
ボクは……ボクこそが!!!
絶対、絶対、正しいんだーーーーー!!!!
トレイ
トレイ
リドルーー!!
裏の主人
裏の主人
切りやす!
ライト
ライト
1個聞いていいか?
裏の主人
裏の主人
なんでしょう?
ライト
ライト
なんでオバブロさせた?
裏の主人
裏の主人
させたかった。後、この場合させた方がいいから
ライト
ライト
……なるほど?
裏の主人
裏の主人
それじゃばいちゃ♪
ライト
ライト
逃げた。ばいちゃ

プリ小説オーディオドラマ