無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

プロローグ
人って何で生きてるんだろう。
人って何で死んでいくんだろう。
人って何で、死にたい時に死ねないんだろう。
人って何で、生きたい時に死んでしまうんだろう。
︎︎
︎︎
なんで。
︎︎
                                死にたいのに。
生きたいのに。








︎︎
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
私は、幼い時から妹と比べられてきた。
モブ
妹は、可愛いのに、姉はねぇ〜
モブ
妹は、頭いいのに、姉はまぁまぁなのね‪。(笑)
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
とか、散々言われてきた。
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
そして、妹が悪いのになんらかの理由をつけて、私が怒られていた。
︎︎
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
ある日、親にあんたなんか生まなきゃ良かったって言われた。
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
そんなこと言われたら、誰だって生きる意味が分からなくなるじゃん。
別にあんたの子になりたくてなった訳じゃない。
︎︎
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
死にたいなぁ。
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
でも、死にたい時に死ねない。
何で。生きてる意味ないのに…。









︎︎
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
僕は、生まれた時から、病気を抱えていた。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
医者には、治るから大丈夫って言われていた。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
小さい頃に手術をして、小学3年生の時まで、大丈夫だったのに。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
また、同じ病気を告げられた。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
今度は、手術が出来なかった。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
だから、もって、10年と言われてから、8年経った。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
後、2年。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
残りの時間を大切に過ごさなきゃ。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
親友を大切にしないと。
全てが終わってしまう前に。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
どうして、また、見つかるんだろう。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
優しい、家族に。
大好きな友達に。
僕は、何かしたのかな。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
生きたいよ。
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
でも、生きたいって思う時に、生きれない。
どうして。生きたいのに。












︎︎




















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
でも、ある日、
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
私は、
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
僕は、
1人の
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
男の子に
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
女の子に
会ってしまった。


それが
樋川 響 (ひがわ ひびき)
樋川 響 (ひがわ ひびき)
僕の
百合川 (なまえ)
百合川 あなた
私の
きっかけだった。