無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,144
2022/01/15

第147話

🍀
今から最難関門( オラボニ)に報告する訳だが、
兄の住居へ赴くまで繋いでいたホソクの手は
多分緊張による汗だろうか、湿っている。












()
(微妙に嫌だな…)
()








口をはくはく開閉させるホソク。






オラボニに言う台詞の練習をしているのだろう。





























……こんなに必死だと、少し意地悪したくなる。




























()
ホソク…もしオラボニに断られたら…
_@_
()
…そんなはずは無い
_@_
()
…話術には…自信が、ある
()
自信がある人の口調じゃないですよ









すると彼は、深すぎるため息をついて。












_@_
()
…兄に断られたらお前は
_@_
()
やはり私との婚約を破棄するのか?
()
まぁオラボニがそう言ったら……
_@_
()
…そうか
()








諦めがついているかのような顔をするくせに
手は更に強く握り締めてくるから
いつでもどこでも素直じゃない男だ。












()
ㅎㅎ 嘘ですよ
()
ホソクが説得しきれなかったら
私が泣いてでも頼み込みます
()
こんなに手汗かいてまで
緊張しないでください ㅋ
_@_
()
…ッ /
()






悔しそうに頬を赤らめながら
彼はいじけて顔を背けた。











_@_
()
お前のそういうところがっ…!
()
嫌いですか?
_@_
()
ッそ、れは、その…
_@_
()
…腹立つ、だけだ
_@_
()
嫌いではない
_@_
()
あ、いや、好きでもない
()
?ㅎㅎ
_@_
()
…っ人を煽るな!//
()










慌ただしくて落ち着かない暗行御史は
私の右頬をつねってきた。









結構、力加減に容赦ないのがホソクだ。










要するに痛い。


















()
ㅎㅎ 大丈夫ですよ
()
オラボニだって鬼じゃないんだから
聞き入れてくれます
_@_
()
…お前以外には鬼なんだ
()









あの暗行御史様がここまで緊張してしまうほど
報告とは堅苦しいものなのだろうか。








それかこの男が変に不器用なだけなのかもしれない。














どちらにせよ私の旦那は愛らしいのだと思う。




























_@_
()
…にしてもお前
_@_
()
つねると不細工だな ㅎ
()
…
()










先程の思いを撤回すると共に、
彼の頬に平手打ちをかました。