無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

親に裏切られ…
ガチャ
あなた
あなた
ただいまー。
あなた
あなた
あれ?お母さん?(いつもおかえりって言ってくれるのに…)
あなた
あなた
ん?
あー!!もう!!(  #`꒳´ )あいつなんか産まなければよかった!!あいつといると調子が狂うわ!!あいつなんか消えればいいのに!!
あなた
あなた
え?……おか…あ…さん…?
気づいたら、私は走っていた。涙を流しながら。
どこに行けばいいのか分からない。
着いたのは、よく遊んでいたいつもの公園。
あなた
あなた
うぅ……おか…あさん……グスッ……
あなた
あなた
グスッ…グスッ………グスッ…
あなた
あなた
はぁ…一旦落ち着かないと…
帰りたい。でも帰れない。怖いから。
あなた
あなた
私…これからどうすればいいんだろ?…
服はびしょ濡れだった。今は夜。夜の公園は怖い。
あなた
あなた
どうしよう…眠たい…寝ちゃったら私死んでるのかな……
あなた
あなた
(死にたくない…まだ生きたい…)
そのようなことをぶつぶつ言っていると気づいたら寝てしまっていた。
あなた
あなた
スー……スー……
るぅと
るぅと
あの、大丈夫ですか?
あなた
あなた
スー……スー………
るぅと
るぅと
すいません、起きてください。
るぅと
るぅと
風邪、ひきますよ。
あなた
あなた
ん…んぅ…?
あなた
あなた
!?……
あなた
あなた
だ…誰ですか?…
るぅと
るぅと
苺野るぅとです。
るぅと
るぅと
あなたは?
あなた
あなた
如月あなたです。よろ…ふぃっくしゅん…!
るぅと
るぅと
大丈夫ですか?
あなた
あなた
あ、はい…大丈夫です。よろしくお願いします…
るぅと
るぅと
よろしくお願いします。
沈黙が流れる
るぅとという男性が口を開いた。
るぅと
るぅと
あの…傘、貸してあげますよ。
あなた
あなた
え!?…あ…だ、大丈夫です…
るぅと
るぅと
いいえ。使ってください。熱になってしまうと困りますので。
あなた
あなた
……あ、ありがとうございます…
るぅと
るぅと
あなたさん…家に帰らないんですか?…
あなた
あなた
帰りたくないんです…
るぅと
るぅと
なんでですか?…
あなた
あなた
……
るぅと
るぅと
話を聞かせてもらえませんか?
あなた
あなた
…わ、わかりました…
あなた
あなた
私が、家に帰ってきたら、お母さんが「おかえり」って言ってくれるんですけど今日は言ってもらえなくて、どうしたんだろ?と思いお母さんを探しました。そして、聞こえたんです。「あいつなんか産まなければよかった!!あいつなんか消えればいいのに!!」って聞こえて、私は気づいたら走っていてこの公園に来ていました。
るぅと
るぅと
話してくれてありがとうございます…とても辛いですね…
あなた
あなた
はい…
るぅと
るぅと
あの…よかったら僕の家に来ませんか?
あなた
あなた
え!?…で、でも迷惑じゃ…
るぅと
るぅと
僕の家というか…シェアハウスです。全然迷惑ではないし、あなたさんは帰るところがなくなってしまったんでしょ?ここにいると危ないですので僕の家に来てください。ななもりさんに話せば、納得してくれるはずです。
あなた
あなた
…いいんですか?
るぅと
るぅと
はい。
あなた
あなた
うぅ…(´;ω;`)
るぅと
るぅと
え!?…ど、どうしました?
あなた
あなた
あ…ごめんなさい…いきなり泣いてしまって…
るぅと
るぅと
大丈夫ですよ。
あなた
あなた
はい…
るぅと
るぅと
それでは行きましょう。
あなた
あなた
はい。