無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

2,321
2021/11/21

第84話

みちなが💖💛
駿佑side_____


謙杜「ただいま」

駿佑「おかえり」


長尾疲れた顔しとる

主演もきまったし忙しいんやろ

長尾の性格上無理する癖あるからな


謙杜「ご飯なに〜」

駿佑「野菜炒めしかつくれへんの知っとるやろ」

謙杜「バレたか笑」


やっぱ作り笑いや

ずっと気になっとったけど

今はそっとしてお風呂入ったらきくことにした


駿佑「謙杜お風呂あがったで」

謙杜「じゃあいってくるな」


謙杜はいつもわらってて

だから作り笑いがうまなった

俺でも見破るのは至難の業


謙杜「みっちー」

駿佑「謙杜あがった?」

謙杜「うん」

駿佑「謙杜?」

謙杜「ぎゅーしてい?」

駿佑「ええよおいで」


謙杜からきてくれた

そうとう苦しかったんやな

謙杜を膝に乗せて抱きしめる


謙杜「駿くんなにも上手くいかへんねん」

駿佑「うん」


謙杜の腰とシャンプーの香りがする頭に

手をやって優しく頭を撫でてあげる

泣き出しそうなくらい声が震えてる


謙杜「お芝居も迷惑かけとるし」
  「ダンスも覚えられへんくて」

駿佑「うん」

謙杜「上手くいかへんねん」 
  「僕がいやや」

駿佑「立て込んでるもんないろいろ」
  「自分を責めたらだめや」

謙杜「でもっ」

駿佑「ダンスはそこまで上手ないけど俺が
  おるしお芝居はすこしずつ覚えればええ」


ちっちゃい身体でなくなってしまいそう

泣いて震えてる謙杜をきつく抱き締めた


謙杜「しゅん泣」

駿佑「どした」

謙杜「ごめんね泣」


顔をあげて呟いた

泣いて歪んだ顔にドキッとした