無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
57
2019/02/15

第1話

プロローグ
貴方に会いたかった。

好きだったんだよ。

ずっと。

ずっと、あの時から好きだったんだよ。


私はみんなの記憶から居なくなってしまった

けど、みんなの分まで私が覚えてるから。

自分が酷いなんて思わないで。

しぃちゃん。

須賀くん。

覚えてる?ー