無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

632
2020/10/03

第5話

4話ー次の休み時間ー
私は、机に顔を伏せていた。
奏斗
乃愛の様子見に行くんだけど行くか?
動きたくない…
ん…
奏斗
熱か?
おでこに手をやった。
奏斗
ねぇな…。
ん…大丈夫だから
無理やり起きようとした。
奏斗
貧血かもしんねぇな。


保健室行くぞ。
奏斗は私をお姫様抱っこする。




そういえば、いつなんどきも乃愛が体調崩しても、お姫様抱っこだけはしなかったな。



私だけ特別なの?