無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

321
2020/10/26

第39話

38話ー大好きな幼なじみへー
奏斗side
大好きな君へ。


俺は藍を選んだ。
俺はなんとなく、乃愛が俺の事を好きだって分かってた。


早めに言っても良かったが、

乃愛が傷つくのが怖くて、俺も言えなかった。
そんな中、藍は何か悩んでいた。


いつもの藍ではなかった。


俺は、

「何かあったら、言えよ」

って声を掛けたんだ。

でも藍は心配させまいと、

「大丈夫だよ!」

って無理やり笑うんだ。

だから言ったんだ。

「俺、放課後待ってるから、本音ぶつけてこいって。」

その後、藍は何か吹っ切れたように戻ってきたんだ。

そして、いつもの笑顔に胸を撫で下ろしたんだ。
あと、


蒼さんが乃愛の事が好きって知った時は驚いたけど

今は、幸せそうで良かった。


俺も、今は幸せだけど…。
藍。好きになってくれてありがとう。


ずっと幸せにしてやっからな!