無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

412
2020/10/21

第27話

26話ー体育祭ー
月日は流れ、今日は体育祭だ。
これまで藍と乃愛は、奏斗にたくさんアピールをして来た。


蒼も少ながら、乃愛により一層優しくしていた。
う~ん!今日は体育祭だね~!


いやぁ。リレー頑張ろ!
藍は、元陸上部。

今では、地域の陸上に入って、汗を流している。
乃愛
藍。頑張ってね!
ありがとう!乃愛。


乃愛は、体調悪くなる前に救護所行きなよ。
乃愛
うん。
前も話したが、乃愛は体が弱く、体育はできない。


軽い喘息を持っている。ここ1年ぐらい発作は起きていない。













そして…
アナウンス「2年生 男子借り物競争です!」
乃愛
あ!奏斗いた!
ほんとだ!
そして、奏斗たちの番だ。
先生「位置について…よーい…どんっ!」
応援の声がする。
奏斗
…好きな人…か…
奏斗が引いたのは、





「好きな人」




だった。