無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
955
2020/10/02

第1話

プロローグ
大好きな幼なじみへ。


私は君の事が好き。

でも言えない。

だって親友も好きだから。

応援するって決めたから。



ねぇ。私の気持ちも分かって。


ねぇ。大好きな君へ。


どっちかに決めて。



ねぇ。幼なじみはどっちを選ぶ?