無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

641
2020/10/04

第6話

5話ー保健室ー
乃愛side
養護教諭「乃愛さんは、奏斗君の事好きなの?」
乃愛
うん。


親友にも相談してるんだ。
でも、そのせいで関係が…
養護教諭「仲違いしちゃった?」
乃愛
うん。私見てて分かるんだ。

藍も奏斗の事好き何だって。
乃愛
でもなんで言ってくれないんだろ。


私達親友なのに。
養護教諭「応援するっていってくれたんでしょ?
それなのに、自分も好きだなんて言えなかったんじゃない?」
乃愛
そっかなぁ
すると、奏斗と藍が来た。
奏斗
先生ー。

藍貧血かも
養護教諭「分かった。ベットに移して」
乃愛
…あ…
私にはしてくれなかった、お姫様抱っこ…
奏斗が藍を寝かす。
奏斗
乃愛大丈夫か?
乃愛
うん。大丈夫だよ!
養護教諭「そろそろ戻って大丈夫そうよ
奏斗君送っていってあげてね」
奏斗
もう少し藍のところにいる。

乃愛先に帰ってるか?
乃愛
うんん。一緒にいるよ。
奏斗
そーか。
奏斗もういいよ。

乃愛と一緒に帰ったら??


乃愛走れないんだし間に合わなくなるよ。
奏斗
んー

そんときは、おぶっていくから大丈夫ー!
そうなの。


ねぇ、乃愛にはお姫様抱っこしないの?
唐突に聞く。
奏斗
しねぇよ。

乃愛の特等席は、俺の背中。


藍の特等席は俺の腕の中だ😁
そう言って、歯を見せてニカっと笑った。
え??
もーっそんなこと言われたら、余計に好きになっちゃうじゃん。
ねぇ?幼なじみはどっちが好きなの??