無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

303
2020/10/26

第37話

36話ー帰り道ー
蒼side
乃愛
今日はありがとう。
乃愛がお礼を言う。
こっちこそ。

誘ってくれてありがとうな。
二人きりは、初めてじゃないようで、初めて。
乃愛
所で、蒼。いつから私の事を?
乃愛が突然聞いた。
突然の事で黙ってしまう。
乃愛
私はね…

あの時。蒼、藍のカーディガン着せてくれたでしょ?あの時にちょとドキッとしたんだ。

でもその時はまだ奏斗の事が好きで。

でも段々蒼のことも意識し始めたんだ…。
乃愛が俺のより先に言ってくれた。よしっ!
そっか…。


俺は、乃愛が転校してきて、初めてうちに来たとき。

一目惚れしたんだ。

でも、一目惚れだけじゃ告白するときに、フラれると思って。


色々乃愛のいいところとか探してみたんだ。

そしたら、いつも頑張っている、体弱いのに、人一倍頑張っている。

俺はその姿に再度惚れ直したんだ。
顔を真っ赤にしながら言った。
乃愛
蒼…
乃愛が俺の名前を呼んだと思ったら…
ちょ…!
乃愛が抱きついたんだ。
乃愛
好き…
俺もだ…
そうお互いを見つめ直した。

そして、キスをしたんだ。


そして、俺は乃愛を家まで送ったんだ。