無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

466
2020/10/20

第24話

23話ー蒼と藍ー
夜ご飯を一緒に食べて、二人は帰っていった。
はぁ…。
もしかして、乃愛ちゃんに先越されたの気にしてるのか?

なんかごめん!
兄は、夕方の事を謝った。
しょうがないよ。流れだったし…
これは絶対に乃愛と奏斗結ばれるな…
俺は、奏斗はお前の事が好きだと思うな。
え?どうして?
昔からお前ら2人みてるんだ。分かるさ。
そうだったらいいけど…。
絶対に乃愛の事が好きだよ…はぁ…
んなぁ!こそっとLINEで聞いたろうか?


乃愛ちゃんのこと聞いてくれたんだしよ。
…うん。お願いします。
そして、蒼は奏斗にLINEをした。


「奏斗の好きなやつって誰だ?名前教えてよ。応援するからさ!

それに、誰にも教えねぇから!お願いだ!」

と送った。
奏斗
分かった。俺と、蒼さんと藍だけの秘密にしてくれ。㊙️

俺は、藍の事が好き。


乃愛には申し訳ないけど。
と返事が来た。
そしてスマホを閉まって、藍に返事の内容を伝えた。
藍!奏斗は藍の事が好きだってよ!
え!
ビックリして、それ以上言葉が出なかった。
あとな、


ちゃんとした告白は体育祭でするってよ。
…うん…
良かったな。藍。
そう言って、頭を優しく撫でた。
ありがとう…


今度はにぃにだね!
おう。

乃愛ちゃんのハートゲットして見せるぜ!
そう言って、ガッツポーズをした。